【企業DB集】Senseye

主な事業内容

Senseyeは、予測メンテナンスをするためのクラウドベースのソフトウェアです。これは、専門家を必要としないで機械の障害や故障を自動的に予測する事により、工場の生産停止を回避し、無駄な修理費用などを費やさずに済むため、大変重宝します。知的な機械学習アルゴリズムを搭載しているので、産業用IoTセンサーやプラットフォームからの情報をもとに、どんな企業でも、どんな機械でも使用する事が出来ます。産業企業が生産停止を軽減し、OEEの改善をしています。

Senseyeのフライヤーはhttp://info.senseye.io/download-the-senseye-flyerよりダウンロードすることができます。

直近のニュース

投資ラウンド情報

  • シリーズA、2017年12月11日に£3,500,000を調達
  • ベンチャーラウンド、2016年11月8日に£1,300,000を調達

リードインベスター: MMC Ventures、Breed Replay、Momenta Partners

会社概要

Senseyeは、日本語での「先生」からきたもので、企業と製品にインスピレーションを与える事を目指しています。Senseyeは機械の故障を予測する画期的な方法を提供します。

事業関連ワード
理念/メッセージ 整備のヒーローになろう。
設立日 2015年2月3日
創立者 Alexander Hill, Rob Russell, Simon Kampa
従業員数 11-50
ウェブサイト http://www.senseye.io/
SNSアカウント Facebook: https://www.facebook.com/senseyeiot/
Twitter: https://twitter.com/senseyeIO
お問い合わせ先 hello@senseye.io
電話番号 なし
イギリス
日本の拠点 なし
関連する動画

主要取引先情報

情報の更新: 2017年12月26日現在

エネルギー、公益事業分野に変革をもたらすAI。再生可能エネルギー管理、需要管理、インフラ管理で進むAI技術を調査 世界のIoTに関するレポート公開中