Macnica EuropeとH&D WirelessがIoTソリューションと接続モジュール分野で業務提携

Macnica Europe GmbHとH&D Wireless AB(HDW)は、欧州のIoT市場向けにHDWワイヤレスモジュールを販売するための業務提携契約を締結しました

H&D Wirelessのワイヤレス製品類は、Macnica GmbHを通してヨーロッパ市場に販売されるようになります。これにはスマートホームやインダストリー4.0のようなエンタープライズ向けのIoTだけでなく、オーディオ、医療およびCOM市場などの他のワイヤレスアプリケーションも含まれます。主なものにはAccelarate©ファミリーの新しいH&Dワイヤレスモジュールがありますが、このモジュールは、消費電力、サイズ、コストが世界トップレベルであり、802.11ac / abgn、 2×2 MU-MIMO / BT5、802.11abgn / BT4.2および802.11ac / abgn / BT4.2 / NFC in M.2 1216や、8x8mm SIPを含む複数の規格に対応しています。

両社は広範なコンサルティングおよびサポートサービスを提供しています。現在販売中のSPB228 Wi-Fi / Bluetoothコンボモジュールなどの高性能な新製品は、Embedded World Congress 2018などの展示会にてさらに販売が拡大することが予想されます。新しいAccelerate©ファミリーの評価ツールや基盤は、今後はMacnicaによってサポートされます。

HDWのCEO、Pär Bergsten氏は次のように述べています。

「HDWは、IoT市場が今後数年間に爆発的に拡大すると信じており、Macnicaという有力な販売会社と一緒に、それぞれの分野で専門知識を持ってこの成長をサポートできることを嬉しく思っています。」

Macnica Europe GmbHのセールスディレクター、Andreas Wemmer氏は、次のように述べています。

「Macnicaは、インダストリアルIoTと産業オートメーションの分野におけるワイヤレス接続の技術的進化と標準化を注意深く観察して来ました。ヨーロッパ地域の流通において、H&D Wirelessと言う新しいパートナーと共同開発した画期的な製品に対する需要の開拓、販売とサポートをスタート出来ることを大変嬉しく思っています。」

H&D Wirelessについて

H&D Wireless ABは、スウェーデンのストックホルムに本拠を置く世界的なIoT企業です。同社は、箱の中のデバイスを販売していたビジネスから、クラウドを通してサービスとコンテンツを提供するビジネスへと、顧客のビジネスモデルを転換することを後押しし、また同時に地球環境保護にも一役買っています。H&D Wirelessは、顧客の製品を、高速かつコストパフォーマンスの良いデジタル製品化し、インターネット上でアクセス可能にします。 H&D Wireless ABの製品は、2017年10月までに世界中の何百万もの製品にインストールされています。 H&D Wirelessは過去7年間、世界クラスのワイヤレスモジュール、クラウドサービス、スマートフォンアプリを含むエンドツーエンドのシステムソリューションを開発しました。このソリューションはGriffin™と呼ばれていますが、Griffin™Wi-Fi Cloudプラットフォームは、Wi-Fi、BLE、NFC、RFIDなどの複数の無線規格通信に対応しています。 Griffinを利用すれば、IoTエンタープライズ、スマートホーム、スマートグリッド(電力網)、インダストリー4.0、ヘルスケアデバイス等をクラウドに接続し、家庭においても、電気・ガス・水道、家電製品、おもちゃやセキュリティ設備等を家の中のどこからでも、そして外出先からでも、モニターし制御することが出来ます。
詳細は、http://www.hd-wireless.comをご覧ください。

株式会社マクニカ(Macnica, Inc.)について

マクニカは、1972年に横浜に設立された半導体流通会社ですが、現在は東アジア、ヨーロッパ、米国に65以上の拠点を有しています。 総従業員数は2,600人を超え、2015年度の連結売上高は約40億ドルでした。Macnicaは800人以上のアプリケーションサポートエンジニア、IC設計者、ソフトウェア開発者等による優れたエンジニアリングチームを擁し、顧客にカスタム設計や技術サポートを提供することに重点を置いています。マクニカは、エレクトロニクス市場において戦略的にパートナー契約を展開することで世界的な存在感を拡大し続けています。

Macnica Europe GmbHについて

マクニカのヨーロッパ本部は、始めはイギリスで2006年に設立されましたが、2008年7月にヨーロッパの顧客へのサービス拡大のためドイツに移転しました。

Macnica Europeは、2014年にミュンヘンに本拠を置くScantec Mikroelektronik社を買収したことにより、強力な半導体販売力を獲得しました。ミュンヘンとインゴルシュタットに本社を置き、営業所をヨーロッパ中に数多く持ち、競争力の高い洗練された製品類を販売しています。

Macnicaは、世界的なサービスネットワークを通して、世界中のどの地域の製造現場からの依頼でも、デザインイン開発から生産までのエンドツーエンドのサポートを提供しています。

原文はこちら: Macnica Europe and H&D Wireless Start Co-operation on IoT Solutions and Connectivity Modules