【IoT用語集】ECUとは?

はじめに

ECUとはElectronic Control Unitの略称で、ある単一のシステム機能について電子回路を利用して制御する装置のことを言います。具体的にこのECUが利用される場面としては、自動車への搭載です。

自動車を所有されている方は、現代の自動車はまさに動くコンピューターとして捉えていることもあるかもしれません。それほど、現在の車はデジタルなものという印象が強くなっています。

ただECUと言われると、自動車のどのような箇所にどのような場面で利用されているのかがあまり認識されていないのではないでしょうか。では、そのECUの具体的な役割や機能について紹介していきます。

自動車には欠かせないECU

自動車は、ガソリンや電気で動くものですがその原動力はエンジンやモーターです。このエンジンやモーターが自動車の推進力の原動力となるのですが、この機能だけでは自動車としての機能は不足しています。

これらの原動力とともに動くものが自動車のギアに関係するトランスミッション、自動車のスピードを制御するブレーキ、さらにはハンドルと連動するステアリング機能、ブレーキを踏むごとにつくテールランプ、暗い夜道を走るためのライトと言った自動車に備わる基本機能との連動が必要となります。

加えて、自動車の快適性に関係するエアコンやセキュリティに関係するキーレスエントリーシステム、パワーウインドウ、さらには障害物を避けるべく自動ブレーキシステムや後続車を所定の車間を保ちながら追随する自動運転の機能など革新的な技術が取り込まれながら、自動車自体は進化し続けています。

ただ、これらの機能を支え制御を行うものがECUとよばれるものです。ECUがないと現代の車や将来の車は存在しないと言っても過言ではありません。では、現在の自動車では欠かせないECUですが、具体的にどのような役割を果たしているのでしょうか。
 

エンジン性能のコントロール

例えば、自動車のギアチェンジ1つとってみてもECUの役割は大きいです。昔の車はマニュアル車が多く、特に渋滞時の運転が辛い場合もありました。エンストを起こすこともよくあったのではないでしょうか。

しかしながら、最近はオートマチック車が多数を占めています。自動車の運転免許証もオートマチック車限定というものもあります。そして、最近では大型車もオートマチック車となっており、バスなどでもオートマチック車が増えてきている状況です。

大型車のドライバー不足は今後ますます深刻化してくる中で、大型車のオートマチック車が導入されたことはドライバー不足解消の契機として、トラック・バス業界は歓迎しているほどです。

このように自動的にギアチェンをしていくオートマチック車ですが、この制御しているのがECUです。ECUの機能によってエンジンの回転数の状況を見ながら最適なギアへと変遷させているのです。

燃費と排ガスの制御

自動車を購入する場面を考えてみます。自動車の購入の際の決め手となるのはデザインであったり、内装であったりと装備にこだわる意見もありますが、経済的な観点からみると燃費効率がよいものであり、排ガスがクリーンであることではないでしょうか。

例えば、燃費が良ければ月々にかかるガソリン代を節約できます。また、クリーンな排ガスを排出していれば自動車にかかる税金も優遇されます。

この燃費と排ガスは自動車の走行状況をみながら最適な制御をされているためで、この役割を果たすのがECUです。

最近では、ハイブリッド車や電気自動車といった燃費の良いものや排ガス自体を出さない車も多くありますが、これらもECUがコントロールしているのです。

最新の運転技術を支えるECU

さらに、ECUは自動車の進化を支えています。例えば、自動ブレーキシステムです。
自動車を運転する際の安全性向上のため障害物を発見した場合に、自動的にブレーキが全輪に作動する仕組みですが、最近ではこのシステムが標準装備されている自動車もあります。

さらに、今後自動車の技術革新で注目されているものが、自動運転のシステムです。現在、この自動運転のシステムは数多くの会社で開発されていますが、実用化されているものとしては、自動追尾ができる自動運転システムです。

この自動運転システムが実用化されると過疎地域における公共交通機関の廃止やドライバー不足による物流業界への影響など、数多くの社会的な問題が解決するとされています。

これらの最新技術を支えているのもECUなのです。このECUによって最適なスピードや危険を察知した場合の自動車の制御、危険と判断した場合の機能発動のタイミングなどをモニターをしているのです。

まとめ

このようにECUは、現在の自動車の技術や将来の自動車技術の発展には欠かせないものとして今後も支えていくことになります。

実際には、車に搭載されるECUの個数は増えていますが個数が増えた分、技術革新によってECU自体の大きさも軽量化、縮小化してきているのです。さらなる発展に期待がやまないものです。

5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中