【動画】5Gミリ波(Millimeter Wave)

この動画は、5Gのミリ波システムなどの高周波帯域のチャネル障害や伝搬特性を克服する方法を学べるビデオです。ミリ波帯は、軍事や宇宙システムなどの分野で使われている珍しい周波数です。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

最も有望な5Gの技術の1つは、高周波信号の使用です。

特に、ミリ波帯は、軍事及び航空宇宙システムの分野で使われており、このような高い周波数では未使用の周波数が大量に存在します。
ミリ波周波数を使用すると、より多くの帯域幅が可能になり、その結果、より速くハイクオリティのビデオやたくさんのメディア・コンテンツを楽しむ事が出来ます。

ミリ波周波数は、機器をより経済的に製造する事を可能にします。

5Gのミリ波システムを可能にするためには、高周波数帯域のチャネル障害および伝播特性の克服する必要があります。

加えて、ミリ波信号は、建物および他の構造物からの妨害を受けやすいため、優れた光線と光線を飛ばす技術が5Gには必要不可欠です。

これらの全てが、5Gのチップセットとデバイスを設計するエンジニアに大きなプレッシャーをかけています。

MA286A高性能導波ミキサーは、Anritsuの様々な機器と結合する事ができ、ミリ波測定を行う解析機になります。ソリューションは簡単でより高い周波数で高速測定を実施する費用対効果の高い機器です。

ミキサー、スペクトラム解析機、高価なマイクロ波信号発生器、そしてその他の装置を必要とするダウンコンバーターを使用する従来の方法を置き換える事が出来ます。
MS2830AとMA2806Aにおいては、非常に弱い信号を測定する事がV-Bandにて可能です。このような機器は従来の測定システムでは考えられません。

1ギガヘルツ帯域幅の信号のスペクトラム測定をサポートして画像応答での反応を排除するように構成する事が出来ます。

従来のハーモニックミキサーに存在するゴーズと信号は、測定の結果が不正確になり、様々な研究などにeバンドが使われています。

Anritsuのマイクロ波集積回路ベースは、ベクトルを測る小型モジュールでの高性能ブロードバンド測定機能がついています。

Vector Starsはエンジニアの人達にとってとても大切な機械です。20ワット以上で動作する高出力アンプで、基地局やモバイルデバイスで使用されます。

もっとたくさんの情報は、www.anritsu.comのウェブサイトに行ってみてください。

Anritsuについて

Anritsuは、進化を続ける情報通信の分野で、各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供。幅広い分野で、安全・安心で快適な社会づくりを支えています。

詳しくは、https://www.anritsu.com/en-USをご覧ください。

Anritsuについて

Anritsuは、進化を続ける情報通信の分野で、各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供。幅広い分野で、安全・安心で快適な社会づくりを支えています。

詳しくは、https://www.anritsu.com/en-USをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方