コゴブイが未来志向の成長戦略を発表

「インゴダン・ドットコムが『御社のビジネス』をアップグレードする」

当社コゴブイグループ(株式コード440.HK)は、中国のエレクトロニクスメーカー向けのeコマースプラットフォームを提供している企業です。当社はかねてより厳しい内容の信用供与契約の影響を受けてきましたが、最近徐々にその状況から脱しつつあります。当社の直販事業は2017年第3四半期までは低迷していましたが、同年第4四半期から回復傾向にあります。当社は内部留保を増やすために、IngFinファイナンシングサービスから未払いローンの回収を加速させました。当社の2017年下期の収益予測は順調で、来年の直販事業の成長は銀行の信用与信枠(取引限度額)の引き上げにかかっています。

当社はインゴダン・ドットコムとICコンポーネントの2つの事業を推進することで成長してまいります。そのうちインゴダム・ドットコムプロジェクトは、当社の主要事業になりつつあります。
さらに当社は、企業向けサービスや技術移転といった新しいビジネスでも成長していますし、潜在的プロジェクトへの先行投資でも確実に収益を上げています。

当社は2017年第4四半期以降も、インゴダン・ドットコムを発展させていきます。インゴダン・ドットコムの焦点は、ずばり製造業をアップグレードするビジネスです。いまや「技術の巨人」とまで呼ばれるようになったAI(人工知能)技術を獲得し、業界をリードする企業と深い協業関係を結んでいきます。

インゴダン・ドットコムは2017年下半期に、サムスン電子と戦略的パートナーシップを結びました。これによりインゴダン・ドットコムのユーザーとサプライチェーンはサムスンのIoTプラットフォーム「アーティック」と接続することができます。これは中国の「兆元」規模のIoT市場に参入する機会を得たようなものです。

サムスンのアーティックは、最新のエンドツーエンド型IoTソリューションプラットフォームです。当社とサムスンの提携により、当社のAIソリューションの供給能力は強化され、これまで以上にインゴダン・ドットコムは、チップやソフトウェア、クラウド、データサービスなどの企業の力になることでしょう。こうした企業のAI搭載製品やAIサービスをアップグレードする際にも、当社が力になるはずです。

コゴブイグループCEO、ジェフリー・カンのコメントです。

「当社の直販事業の成長率は、銀行の信用供与契約が厳しくなったことで当初計画より低迷しておりますが、それでも当社の方向性は間違っていないと確信しています。当社はいま企業戦略を見直しています。従来のICコンポーネント事業への依存を減らし、法人向けサービスとプロジェクト投資による収益を増やしています。
さらにインゴダン・ドットコムはAI、インテリジェントハードウェア、チップにおける多数のプロジェクトをインキュベートしています。例えば、当社はいま、ロボットビジネスをインキュベートして、商業ベースに乗せることができました。ロボット事業は数か月後には収益化できるでしょう。
2018年を見渡せば、当社はこの地域でより多くのプロジェクトに着手して、AIの採用と商業化に注力していきます」

コゴブイグループとは

コゴブイグループは、中国のエレクトロニクスメーカーに対し、eコマースサービスのプラットフォームを提供する会社です。
当社の顧客は、販売前、販売中、販売後の各段階において、オンラインとオフラインの両方を網羅する包括的なサービスを必要としています。
当社はeコマースプラットフォーム事業を通じ、顧客にそのような包括的なサービスを提供することができます。
詳細についてはこちらをご覧ください。
http://www.cogobuy.com/

インゴダン・ドットコムについて

インゴダン・ドットコムは、インテリジェントハードウェア分野でグローバル展開を視野に入れている起業家と中国に拠点を置くサプライチェーンを結びつけるプラットフォームです。
このプラットフォームは、グローバルに活躍するIoT関連のイノベーターや起業家たちに、革新的なハードウェアに関する情報やサプライチェーンのデータを提供します。
インゴダン・ドットコムは、ハードウェアイノベーションビジネスのプラットフォームであり、サプライチェーンをコアに据えることで、ワンストップ化されたサービスを提供しています。
詳細はこちらまで。
http://www.ingdan.com/

原文はこちら: Cogobuy Provides Business Update Seeing INGDAN.com Commercialization As Future Growth Driver