【動画】予測メンテナンス診断ツール

予測メンテナンス診断ツールを使えば、専門家から装置の状態や最適化の方法に関するアドバイスを得て、事前に機器の状態を管理する事が出来ます。予測メンテナンスツールは、機器の故障を予測するのに役立ち、予期しない生産中止の可能性を大幅に削減します。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

電気事業における配電システムにおいて、システムの故障は度々あるものですが、実際いつ起こるでしょうか?

電子機器の診断テストをうまくやっていないと、故障する可能性は3倍高くなります。

適切な診断機能があれば、機器の信頼性を高め、稼働時間を最大化出来ます。
工場に特殊なスーツを着て災害を対処しなければならない時間を削り、重大な安全上の問題も避ける事も出来ます。

良い診断テストプログラムがIECコンプライアンスの一部である理由が分かりますよね。
1時間の生産停止コストは、自動車産業は30,000ユーロ、石油化学製品は2,000,000ユーロもします。また、人の命を奪う事故も起こり得ます。このような余分なコストは誰でも避けたいところです。

Schneider Electric社が提供しているプロの診断ツールを使えば、このような事はありません。

Schneider Electric社は、他とは違った予測メンテナンスプランで装置の故障を予測するのに役立ちます。
In-class(インクラス)予測メンテナンスは、機器の情報を詳しく表示します。専門家からのアドバイスは、障害を予測して電気設備を最適化する方法を導いてくれます。

Schneider Electricの目標は、機器の故障を予測する事です。
予測メンテナンスは、想定外による機械の停止を減少させます。

問題が発生した時に、その原因を診断し、最短時間で処置方法を提案する事が出来ます。

Schneider Electric社は、電気配電で世界1位を誇っています。この予測診断ツールももちろん、格別でパワフルです。

予測診断ツールは、Schneider Electric製造データベースに直接繋がっており、正確な診断をする鍵となっています。

Schneider Electric SAについて

Schneider Electric SAは、フランスのパリ近郊のリュエイユ、マルメゾンに本社を置く世界的な重電メーカーです。安全で信頼でき、効率的かつ持続可能な方法でエネルギーとプロセスを管理するために、ひとつながりのテクノロジーとソリューションを開発しています。

詳しくは、https://www.schneider-electric.us/en/about-us/company-profile/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【動画】予測メンテナンス診断ツール 世界のIoTに関するレポート公開中