【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|12月21日木曜日

先週の解説記事で話題になったものは、IIoT関連の疑問からセキュリティなど仕事での疑問や心配事がメインとなりました。また、こちらには載っていませんが、6位から10位には「IoTとは」や「IoTセンサーとは」などまだまだIoTの基礎的な概念への疑問がありました。

産業IoTセンサとVRが1つになったデジタルツインとは?

デジタルツインとは物理的に存在する物をデジタルで再現したもので、CADモデリングを行うエンジニアの間ではすでに有名です。デジタルツインを使用すると、設計のためのモニタリング、トラブルシューティング、データ取得が行いやすくなり、物理的なレプリカを造ることなくテストを繰り返すことができるのでコスト削減につながります。デジタルツインはすでにガスタービンやスマートシティ、風力発電基地の設計にも活用されています。たとえばゼネラルエレクトリックでは風力タービンにセンサとソフトウェアを備えてオンラインに接続し、リアルタイムデータを取得しています。このデータはタービンのメンテナンスや新たなタービンの設計の際に活用されます。

話題の元記事はこちら: What Is Digital Twinning? Bringing Industrial IoT Sensors and VR Together

スマートホームが企業向けIoTから学べること

接続機器のビジネスモデルやライフサイクルについて考える場合に、製品の寿命を計画的に試算してサポート費用を見積もることは重要です。消費者が購入時に気になることは、その製品がどのくらいの期間使い続けられるかどうかだからです。メーカー側はそのような消費者の期待に応えていく責任があり、消費者に機器の耐用年数を聞かれたときには答えられる必要があります。たとえば接続機器に使用期限をあらかじめ設けるという方法もありますし、ただ単にハードウェアを売るという考え方から、サポートというサービスを売るという考え方に転換していく必要があります。

話題の元記事はこちら: What smart homes can learn from enterprise IoT

IoT分野で見逃しているニュース:12/4の週

メルセデスベンツは充電、ソーラー、エネルギーマネジメント技術などを自動車車両に適用するソリューションを生み出すことで自動車市場を牽引し続けようと試みています。このような変革によって、個人が所有するEVを駐車するために、建物に求められる設計や技術も変わっていくでしょう。また、エネルギー産業界のSaaS企業であるDrillinginfoがエネルギー予測ソフトウェア会社のPattern Recognition Technologies(PRT)を買収しました。PRTのマシンの学習能力を適用してエネルギー消費を予測することで、Drillinginfoはエネルギーデータ分析市場に参入することになります。

話題の元記事はこちら: What You Missed in The IoT: Week of 12/4 – Harbor Research

産業IoTのメリットは何か?

機器のデータをリアルタイムで追跡し分析する革新的な方法であることです。たとえばMichelinは取り付けられているセンサで燃費、空気圧、温度、速度などを追跡できるタイヤを販売しています。このデータはMichelinのクラウドサービスに送られ、燃費をよりよくするための分析に使用されます。ゼネラルエレクトリックでは企業向けインターネットソフトウェアPredixが今年の収益のうち50億円をもたらしました。もちろん、あらゆる企業が産業IoTによる利益を生み出しているわけではありませんが、大手企業がセンサとデータ追跡サービスに投資し続ければ、この分野の競争は過熱していくことでしょう。

話題の元記事はこちら: What are the advantages of an Industrial IoT?

IoTに関するセキュリティ面での不安は何か?

仮想的に接続されたデバイスと情報の継続的なシェアによって人々の安全と幸福が激しく損なわれると思っている専門家にとってセキュリティは主な関心事の1つです。オンラインデータとプライバシーを損なった他のハッキング事件とは異なり、IoTデバイスを使用すると、ハッキングされる可能性のあるネットワーク全体のゲートウェイを開くことができてしまいます。

話題の元記事はこちら: What is the security concerns related to IoT?

今後IoT、IIoTがさらに拡がっていくことで、こちらに掲載される疑問内容が変わっていき、より専門的なものとなっていくことが予想されます。今から時代に取り残されないようにこれらの記事やポイントはしっかり抑えておくべきです。

AIの普及により高まるハイエンドプロセッサの需要。AI時代の新しい半導体産業の方向性 世界のIoTに関するレポート公開中