【動画】ヘルスケア業界におけるIoTの活用

Internet of Thingsを使い医療業界において、より効率的に患者のデータの収集、管理をしています。医者や看護師は簡単に患者の健康状態をモニター、管理する事が出来るので、余分な時間を節約する事が出来ます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Internet of Things(モノのインターネット)は人の命を助けるアプリケーションになっています。

ベッド付近の機器からデータを収集することによって、患者のデータを見ることとリアルタイムでの診断が出来ます。

患者のケアシステム全体を改善する事が出来ました。
2019年には、全ての医療機関の87%がIoT技術を取り入れますが、現在は未だ多くの医療機器が医療機関の3分の1でしか動作していなく、コネクティッドデバイスからデータを取得/保存しておらず、分析等の活用をしていない状況です。これでは、非効率でデータ損失の可能性、診断ミスの可能性が高まります。

IoTの発展に伴い、膨大な数のデバイス機器が接続する事が出来るため、効率的な医療を目指すことができます。

今後2年間に医療ネットワーク上のデバイスの50%以上がIoTデバイスになります。患者の部屋で携帯端末での記録や医療機器との接続が出来たりします。

IoTの可能性は共通の言語と単一のプラットフォームにより無限に広がります。
医者は、簡単に患者の健康状態をモニター、管理する事が出来るので、少しずつですが余分な時間を節約する事が出来ます。

医者が患者の所までわざわざ訪れる事をしなくても、専門家がリモート診断をする事が出来ます。

質の高いケアをより迅速に提供し、医療環境をより効率的に管理する事が出来ます。
センサーとWi-Fiを使う事によって必要な情報を検索することは、医者と患者の両方にとって大切な事です。

IoTを採用したヘルスケア事業者の3/4近くが、医療機器やセンサーの監視と管理が主なメリットと考えています。
既に患者の心拍モニターから温度計まで、リアルタイムにデータを見ることは出来ますが、今ではより安全で効率的な環境が作り出す事が出来ます。

たった1つのモバイル端末で、IoTデータの管理を安全に行うことができます。
IoTは、医者がより簡単に効率的な医療介護をする事を可能とします。

Hewlett Packard Enterpriseについて

Hewlett Packard Enterpriseは、最新技術を駆使し、無駄な時間を短縮するために、産業、工業を変えようとしている会社です。この会社はIT環境の効率性、生産性、安全性を高め、急速に変化する競争環境に迅速かつ柔軟に対応します。より快適なインフラを提供することで、IT社会において革新的なアイディアをもたらす手助けをしています。

詳しくは、https://www.hpe.com/us/en/home.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方