【動画】Wirecardの接続IoTストア:未来のショッピング

小売業界は近年、多くの重要な変化に直面しています。Wirecard社は高度な技術を使用した新しいソリューション、Connected Store(接続された店)を開発しました。
このビデオでは、Wirecardの次世代のショッピングがどのように機能するかを紹介しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Kate氏はWirecardの本社に来ています。なぜならば、これから彼女は未来のショッピングを行うからです。

ショッピングはInternet of Things Store(モノのインターネットショップ)で行います。

店の品物はショーケースの中に入っています。
T-Systemは商品棚に変化をもたらしました。

Wirecardのアプリケーションが買い物を便利にさせます。アプリケーションをダウンロードしておけば、すぐに買い物が始められます。

まず買い物を始める前に、自分の携帯に自分のIDを入れて、店にある顔認識システムを使いカメラに顔を認識させます。

店にある全ての物を取れば、自動的に携帯の中で取ったアイテムがカートに追加されます。

取ったアイテムの情報がもう少し欲しい場合、近くにあるディスプレイを見ればそのアイテムの情報が表示されます。

取ったアイテムを元に戻せば、携帯アプリにあるカートからも商品が削除されます。
素敵な事に、支払いは自動で行ってくれます。そのため、客はすぐに店を出ることが出来ます。

Kate氏は、「この買物はとても良い体験でした。完全なハンズフリーで速く実生活でもこの機能を使用したいです」とコメントしました。

この新しいショッピング(connected shopping)はユーザーにとっては新しい事で、従来の店では、たくさんの過程がありました。待ち時間があったり、カートに入れた商品を買い物中持ち歩かなければならなかったり、そういった事を新しい技術で完全に無くす事が出来ました。

店に行くまでの地図では、インスタントナビゲーション、chatbotを利用した技術や製品の情報の収集などが出来ます。
今現段階のステージでは、コンセプトを創り出す事を重点的に行っており、パートナーにあたる企業に成果を見せたりしています。

現在はビジネスマンの人達とこのアプリケーションの開発に取り組んでおり、あと数ヶ月で実現すると思われるでしょう。

Wirecardについて

ワイヤーカードは、決済システムの提供から加盟店管理まで行う、垂直統合したオンライン決済サービス・プロバイダーです。同社の顧客は、同社のオンライン決済、モバイル決済、リスク管理、エンタープライズ・ソリューション、その他のソフトウェアやシステムを利用する小売業者や金融サービス会社などです。

詳しくは、https://www.wirecard.comをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方