【動画】IoTを活用する意味は「より賢い飛行機」と「より安全な航空会社」である

Lisa PetersonはGogo Business Aviation(航空ビジネス)副社長で、今の航空IoTについての説明をしています。航空用IoTは産業用IoTと異なる観点があり、コックピットにいるパイロットにも、キャビンにいる乗客にもより快適な飛行機内での体験が出来るように努力しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Lisa PetersonはGogo Business Aviation(航空ビジネス)の副社長です。

基本的には、モノのインターネット(Internet of Things)に関わるビジネスをしています。Gogoは主にビジネス面でのサポートをメインにコマーシャルなどでは推していますが、飛行機内でのエンターテイメントも提供しています。

エンターテイメントは航空機へのWi-Fi接続ソリューションなどがあります。ここでは主に有名な3つの会社と提携しています。

gogo社はApple、Verizon、Netflixと提携しています。Apple社に対しては新しいハードウェア、ソフトウェアを共に提供していて、Netflix社に対しては世界最大級の航空機内エンターテイメントネットワークの提供、そしてVerizon社に対してはGogo社が独自に開発したネットワークの提供をしています。

Industrial IoT(産業用IoT)とAviation IoT(航空用IoT)の大きな違いは、Industrial IoTは機械と接続する必要がありますが、Aviation IoTはその必要がありません。

今現在、アメリカ合衆国の航空機だけで15ペタバイトのデータを毎日生産、使用しています。

Aviation IoTはメンテナンスの予測や航空機内での支払い(payments)などに役立ちます。

では、一度2007年で起こったことに戻ってみましょう。2007年はスティーブ・ジョブズがiPhoneを発表しました。それから、AppStoreが出来るまで2年もの月日を必要としました。それは、すべてのデータがiPhoneから送られてくるのが遅かったからです。

今の航空IoTでは、相互通信能力は抜群で、データに簡単にアクセスすることができます。

航空用IoTを使用することで、様々な航空機、航空会社、機械産業などのビジネスモデルが変わることでしょう。なぜならば、すでにIoT社会になっている今、たくさんの事が変わり利益を生んでいるからです。

操縦席にいるパイロットに対しても、IoTはとっても便利で、航空機の効率性を高め、メンテナンスが必要な部品などがあれば、ディスプレイに表示する事ができます。もちろん、乗客にも利益があります。WSIとIBMと提携して提供しているアプリでは、普段パイロットのみがみれる乱気流を乗客も見ることができるので、いつ飛行機が揺れるかなどが分かります。

航空用IoTでは、たくさんの利益を生むことができ、利益だけではなく効率性も高い事が分かります。

gogoについて

Gogoは、世界をリードする機内インターネットサービスプロバイダです。機内でのインターネットサービス及びエンターテインメントに関連するさまざまなサービスをご提供します。Gogoのサービスは、現在世界中の2,000を超える民間航空機でご利用いただいています。

詳しくは、https://business.gogoair.com/about/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方