【動画】コンクリート産業に根付いているELKON工業におけるIndustry 4.0の変革 – 2018年

動画】コンクリート産業に根付いているELKON工業におけるIndustry 4.0の変革 – 2018年 – 記事

ELKON工場は、勢いを失うことなく、Industry 4.0を使用します。Elkon工場のデジタル化は、溶接ロボットの総数は12台に達し、自社で開発された他の多くの自動ハイテク産業システムもあります。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

ELKON社のConcrete Bathing Plantsはヨーロッパのコンクリート産業のリーダーです。

ELKON社は高品質のコンクリートを最先端の技術を使い世界中に届けています。

1つの技術は、溶接ロボット技術です。この技術を使う利点は下のようにあります。

  1. 高品質でよりセンシティブな生産
  2. より速い生産
  3. モジュール式線さんによる製造の柔軟性

ELKONの工場では12台の自動ロボットが稼働しています。

年間500台のtwinshaft mixer(ツインシャフトミキサー)は1日1台のみの作業で様々なタイプの生産能力を備えています。

1500/1000lからのツインシャフトミキサーは完全溶接で、7500 /5000lの容量は、自動溶接ロボットによって行われます。

生産ラインはサイロパネル用溶接ロボットによって行われます。

集合貯蔵構造(aggregate storage bins structure)は生産ラインの一部です。

Aggregate storage bins welding(アグリゲート・ストレージ・ビン・ウェルディング)はヨーロッパではじめて溶接ロボットを用いました(12メートル)。

Aggregate discharge cones production robot (アグリゲート・円柱切断ロボット)

年間1800台のセメントスクリュー製造を1日1台のみで行います。
年間1000台のセメントサイロ製造を1日1台のみで行います。

ELKONについて

1975年に設立されたELKONは、コンクリート製造で深く分野に根付いた歴史と経験を持っています。ELKONのコンクリート産業では、40年以上で培った知識を使い、年間生産量と販売量にもとづいてヨーロッパ最大のコンクリート製造を行っています。

詳しくは、http://www.concretebatchingplants.com/en/companyをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方