【動画】IoT技術を使いスポーツによる怪我を防ぐ

野球において投手がボールを投げる時には、全ての選手に共通して起こる事があります。人の腕は野球を投げるだけのためには出来ていないので、その結果、腕を負傷してしまった選手は手術をしなければいけません。数千人のプロ野球選手だけではなく、何百万人も所属しているリトルリーグの選手にとっても、生体力学の技術がどのように体に負担を減らすかが重要な課題と言えます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

ボールを速く投げるためには、肩と肘にたくさん負担がかかります。
実際には体重の2倍身体に負担がかかります。

今、野球をする上で一番の問題は靭帯の損傷です。ピッチャーが高速で球を投げることを続け、自分の身体に寄り添うことをしないと靭帯を痛めてしまいます。

生体力学を年々研究、調査すると分かってきた事の中で、特定の機械的欠陥があると、負傷のリスクが高くなる事が挙げられます。

選手が出せる最大速度のボールをどれくらい身体を傷つけずに投げ続ける事ができるかを分かっていればこれらは解決できる事です。

生体力学のプロセスは、まず、反射マーカーを身体の骨関節に取り付けます。反射マーカーの見た目は、小さな豆電球に見えます。

12台あるカメラが身体に取り付けた反射マーカーを追跡し、カメラ1台は1秒間に500枚もの写真を撮ります。それをコンピューターが様々な角度から撮った写真を1つのデータにして確認する事ができます。

もし、投手に何か問題がある場合は、とてもこの機能をおすすめします。投手は改善するために必要なものを見ることができ、またどこが改善されたのかを確認する事もできます。

未来のシステムは今やっている事よりもより速くポータブルになると思います。その中でこの生体力学を採用したシステムは良いスタートを切りました。

MOTUSはアスリートが最大限のパフォーマンスが出来るように手助けをしており、生体力学の技術で怪我のリスクを減らすことが出来ました。

生体力学の技術の成果を得るために、1年間に何回も実験する事にしました。
投手が投げている時の腕や肘のスピードやかかる負担を見る事と、運動量の計算が出来るので怪我のリスクが減り、トレーニングの最適化をする事が出来ました。

野球のコーチをする上で、投手の腕と健康を考える事は第一にしています。生体力学の技術で大きく良い方向に変化しました。

プロでも、プロでない選手用にも、運動プログラムがあるのでトレーニングや試合の準備にも有効的です。

ピッチカウンターでは、選手の状態を機械が判断してどれくらいまでなら試合に影響しないか、怪我をしないかなどを考えてくれる機能があります。そのため、選手は自分の力を最大限に出すことが出来ます。

プロ野球のようにマネージャーがつかない小さいリーグでも、怪我のリスクを減少させられることを見込めます。

Hewlett Packard EnterPriseについて

Hewlett Packard Enterpriseは、最新技術を駆使し、無駄な時間を短縮するために、産業、工業を変えようとしている会社です。この会社はIT環境の効率性、生産性、安全性を高め、急速に変化する競争環境に迅速かつ柔軟に対応します。より快適なインフラを提供することで、IT社会において革新的なアイディアをもたらす手助けをしています。

詳しくは、https://www.hpe.com/us/en/home.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

医療、自動車産業で拡大する超音波センサー市場。2018〜2023年の間にCAGR10.96%で成長し、55億米ドルの価値... 世界のIoTに関するレポート公開中