【動画】Lumada IoTプラットフォームを使用してIoTソリューションの作成を高速化

Hitachi(日立)社のIoTプラットフォーム、インテリジェント(知的)で柔軟なソフトウェア、AI、分析技術、アセットアバターなどを活用して、ソリューション作成までの道のりをスピードアップします。LUMADAは高度な分析と人工知能を備えたインテリジェント(知的)なIoTプラットフォームです。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

技術の進歩は、ビジネスのあらゆる側面からのデータの速度と多様性を促進します。
全ての産業はどうやったらもっと知的に、速く、効率的に出来るか方法を探しています。
Hitachiはデータを通じて世界を変える事が出来ます。Hitachiの運用技術は100年以上も前から世界中で使用されていて、60年間近くより良くするための情報技術の設計をし続けています。
119,000もの特許権を持っている企業は世界中でもそうはありません。

全ての知識を入れたのが、「LUMADA」です。

LUMADAは高度な分析と人工知能を備えたインテリジェント(知的)なIoTプラットフォームです。

LUMADAは5つの主要な柱を持っています。それは、Edge, Core, Analytics, Studio,そしてFoundryです。

Edgeでは、LUMADAはセンサーを接続してデータを収集し、結果をリアルタイムで駆動します。

Coreでは、アセットアバター(Asset Avatars)を介して全ての接続されたアセットを360度視野で取得出来ます。

Analyticsでは、アセットアバターのデータを運用データと統合して、AIRWAYSや機械学習で協力なインサイトを生成します。

Studioでは、カスタマイズされたダッシュボードと警告を作成するために必要な全ての情報を提供します。

Foundryはセキュリティの確保、展開アップグレードとスケーリングサービスを行います。

LUMADAは構成可能なアーキテクチャにより、既存のIT投資との統合が容易になり、設計によって柔軟に対応出来ます。そのためサーバー、又はクラウド上に簡単に配置する事が出来ます。

LUMADAは繰り返し可能なIoTのビルディングブロックを提供するので、簡単に起動する事ができ、より速く作業を実行する事が出来ます。

LUMADAはデーター駆動形イノベーションを提供し、業務効率の向上、製品の品質の改善をし、新しい機会を与える事を可能にしました。

データをLUMADAによって変えましょう。

Hitachi, Ltd.について

株式会社日立製作所は日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業です。日立製作所はあらゆるモノがネットにつながるインターネット・オブ・シングス(IoT)分野での一体的なテクノロジーソリューション提供充実を目指し、3つの子会社を統合して完全子会社「日立バンタラ」を発足させました。

詳しくは、https://www.hitachivantara.com/en-us/home.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方