【動画】ワイヤレススマート温度検知のデモ: 産業用IoT及びデータセンター

バッテリーを使用しないSmart Passive Sensor Tags(スマートパッシブセンサータグ)とIoT開発キットを使用する事で、移動する物体や立ち入る事が困難な場所での環境を簡単に監視モニターする事が出来ます。このビデオは、工業用IoTとデータモニタリングで温度をワイヤレス(無線)で検出、検知する方法を示しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Douglas Seitz氏は、ON semiconductor社の製品責任者です。

ON semiconductor社は受賞歴のあるモノのインターネット(Internet of things)の開発キッドを最近リリースしました。

IoT開発キッドは簡単に使う事ができ、とても小型のプラットフォームなクラウドベースのIoTです。

ON semiconductor社は接続性やスマート・パッシング・センシング・ソリューション(検知ソリューション)で製品の幅を広げました。
このデモでは、どのようにセンサーがIoTキットと連動しているを紹介します。

センサーは電池なしのワイヤレスセンサーで、湿気、温度、気圧、そして近接を検知する事が出来ます。
今回のデモでは、SPSタグとIoT開発キットの連動性について詳しく探ります。

SPSタグはIoT開発キットのアンテナから電力をもらい、チップとセンサーを動かし、そのデータをIoT開発キットに送り戻す事が出来ます。

IoT開発キットのソフトウェアを、タグが室温以上を検出したときに起動するように設定しておくと、ソフトウェアは次に行動に移します。

今回のデモでは、LEDライトを点ける事ですが、ホストに警告を出すこと、電話をかけることなど、何かを作動させる事が出来ます。

他の例では、SPSをデータセンターに入れることにしましょう。このコンピューターの棚は絶え間なく冷やしてオーバーヒートする事、供給停止する事を防がなければなりません。
持続して冷やすことは運営する上で必要不可欠なのです。

このSPSタグは装置に取り付けてあり、装置の温度だけではなく大気温も計ることも出来ます。もし大気の温度が最初の温度よりも超えた時ホストに警告を送る事ができ、その結果、設備維持管理者は適切は措置を取ることが出来ます。

移動する物体や立ち入るのが困難な場所での環境では、このスマートセンサーが役立ちます。

Smart Passive SensorsとIoT開発キットの詳細については、www.onsemi.comで調べてみてください。

ON Semiconductorについて

オン・セミコンダクター社は顧客にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしています。オン・セミコンダクター社は半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高いコネクティビティ、センシング、パワー管理、アナログ、ロジック、タイミング、ディスクリート、およびカスタム・ソリューションの包括的なポートフォリオを提供しています。

詳しくは、http://www.onsemi.com/site/pdf/Corporate_Fact_Sheet.pdfをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方