【動画】将来の物流事業

毎日75,000人のB2B顧客のためにアイテムを選び梱包する事を想像できるでしょうか。SAP社は、ITサービスプロバイダーである「Bachtle」の活用で、スマートグラスと拡張現実ツールがどのように倉庫での管理を改善するかを動画内で説明しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

ドイツのネッカーズルムにあるBechtle社は、ドイツの中でも最も大きなB2B会社でITコンサルティング、ハードウェアとソフトウェアの提供を75,000人以上の顧客にしています。

この倉庫では、1万以上もあるラップトップ(ノートPC)、キーボード、ケーブル類、その他IT機器のアイテムが貯蓄されています。

常にビジネスを改善し、より効率的に作業をするために、拡張現実ツールを兼ねたスマートグラスが倉庫の管理に便利です。

まず最初に、ノートパソコンにある自分のデータが入ったQRコードをスマートグラスでログインしてから作業を開始します。

スマートグラスにはアンドロイドシステムが搭載されており、SAPが入っています。

まず最初に、ピックハンドルユニット(緑の箱)のバーコードをスキャンします。ピックハンドルユニットをスキャンしたら、どの棚に行くか情報が表示されます。

表示された棚に行ったら、確認するために、その棚でもう一度スキャンします。もう一度スキャンしたら、アイテムを取り、最後にもう一度棚でスキャンをします。

取ったアイテムを持ってピックハンドルユニットに戻ります。そして確認のためピックハンドルユニットをもう一度スキャンします。スマートグラスからの承認があれば、ベルトコンベアに流し、アイテムは顧客の元に送り届けられます。

スマートグラスの科学技術を使う事によって両手が塞がることがなくなったのが一番の利点です。特に、1つ以上のアイテムを取らなければいけない時には、両手が開いている事がとても良いです。そして、スマートグラスを使う事でより効率的で高い品質基準を保つことが出来ます。

スマートグラスを使う事での利益はとても明確で、両手が塞がらず、より効率的にワークフローをする事ができます。

SAP SEについて

SAP SEはドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社です。SAPは主にビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業であり、売上高ではマイクロソフト、オラクル、IBMに続いて世界第4位です。企業の基幹システムであるERP分野においては世界一です。

詳しくは、https://www.sap.com/index.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方