【動画】Walmart、自動化された棚スキャン活用で時間の有効活用

ウォルマートは、品切れの商品、価格の間違い、ラベルの間違いや欠落をなくすための新しい棚のスキャン技術を導入します。予測可能な作業を自動的にこなし、従業員の手助けをします。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

私たちは小売のテクノロジーに関して、ロボットとAIを介して出来る限りの進歩をしようとしています。そこで新しい棚のスキャン技術を使います。

もうすでにアメリカのいくつかの店ではテスト運用をしています。

データおよび視覚技術を使用して品質の確保、在庫切れ、価格の間違いおよび不足しているラベルの通知が出来ます。

これは従業員が顧客により良いサービスを提供することに役立ちます。

そのほかにも、アイテムを探し出し、棚の在庫をチェックする事、オンラインで購入可能な製品を表示すること、商品の不足を従業員に伝え手伝う事など、が出来ます。

ウォルマートでは、このような技術を使用して、反復可能で予測可能なタスクに焦点を当てています。

従業員達の熱意と、科学技術を混ぜ合わせる事によって、可能性は無限にあります。

WalMart Stores, Inc.について

ウォルマートは、アメリカ合衆国アーカンソー州に本部を置く世界最大のスーパーマーケットチェーンであり、売上額で世界最大の企業です。創業者サム・ウォルトンが、1962年7月2日に最初のウォルマート・ディスカウント・シティを、アーカンソー州ロジャーズに開き、その後様々なフォーマットを展開しています。

詳しくは、https://www.walmart.comをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

【動画】Walmart、自動化された棚スキャン活用で時間の有効活用 世界のIoTに関するレポート公開中