CEOのDhaval Jadavは、Dave Tilstoneをalliantgroupの戦略諮問委員会に歓迎します

alliantgroupは、National Tooling and Machining Association(NTMA)の社長であるDave Tilstoneを戦略的諮問委員会に加えることを誇りに思っています。
製造部門の長年にわたる執行役であるTilstoneは、アライアンスヘッドとしても、精密製造会社の役員としても、何十年もの経験を会社にもたらしました。理事会の最新の追加事項の1つとして、Tilstoneは、製造部門に対する教育と意識向上の使命についてalliantgroupに助言する上で重要な役割を果たします。 米国の製造業者の利益のために作成された政府支援の税制上の優遇措置は数多くあり、alliantgroupはこれらの企業にこれらのインセンティブ・プログラムの可用性と価値を知らせることを約束します。 

Tilstoneは、

「このようなファーストクラスの組織の理事会に参加することは、私に大きな誇りを与えてくれます。」

と語っています。

「alliantgroupは既に多くのNTMAメンバーに大きな価値をもたらしました。私は、同社に助言をし、製造業への重要なアウトリーチを続けていく中で、できる限りの支援を提供することを楽しみにしています。」

Tilstoneは2010年以来NTMAの社長を務めています。中小企業は1,300社以上もあり、カスタムメーカーがアドボカシー、アドバイス、ネットワーキング、情報、プログラム、およびサービスを通じてグローバル経済における収益成長とビジネス成功を達成するのを支援しています。同団体は最近、alliantgroupを全米の仲間のメンバーにし、米国で高額の技術雇用を創出し維持するために企業に報いる政府のインセンティブをメンバーに伝えるため、同社と提携しています。自動化と技術の進歩に伴い、STEMのスキルは次世代の製造業労働者にとって非常に重要になります。これらのインセンティブは海外での雇用を促進するのではなく、国内の人材を雇用している企業に大きな節税をもたらします。 

「技術は製造業の性質を変えており、業界は従来の組立ラインの従業員から、自動生産システムを運用し維持するための技術的知識を持つ労働者に移行しています」

とalliantgroupのCEO、Dhaval Jadavは述べています。

「STEMの仕事は本当に米国の製造業の未来であり、これらのインセンティブは、高額のSTEM雇用をアメリカでここに保つための企業に報いるだろう。」

NTTの役割に加えて、Tilstoneは、米国外での展開のための戦略計画とマーケティングプログラムを使用して、中小企業を支援する組織であるADT International Consultingのディレクターを務めています。両方の協会に参加する前は、2002年から2005年までHoneの社長、2005年から2008年まではKennametal Extrude Honeの社長、1997年から2001年まではKennametalのグローバルマーケティング・セールス担当副社長でした。グローバルリーダーである会社エンジニアリングコンポーネント、先進的な材料、切削工具の設計と製造において、KennametalとのTilstoneの時間は、カスタムメーカが直面している労働課題に関する直接の経験を提供しました。

「Daveと私はSTEMとSTEMの仕事をアメリカの海岸に保つ必要性に対して非常に熱心です」

とJadavは述べています。

「Daveは、これらのインセンティブの言葉をどのように普及させるかを指導する上で、大きな役割を果たします。私は彼を正式に歓迎し、当社の未来への貢献を楽しみにしています。」

alliantgroupは、有数の税務コンサルタントであり、国内最高級の税務サービス提供者です。 同社は、米国企業とCPAアドバイザーが、その利益のために設計されたすべての連邦および州の税制優遇措置を適切に特定し、請求することを支援します。 これらのインセンティブプログラムは、ますますグローバルな経済の中でアメリカのビジネスが成長し、競争力を維持するために作られたものです。 現在までに、alliantgroupは12,000社の米国企業が税金を60億ドル節約することを支援してきました。 alliantgroupの詳細については、LinkedIn、Facebook、およびTwitterをご覧ください。

原文はこちら: CEO Dhaval Jadav Welcomes Dave Tilstone to alliantgroup’s Strategic Advisory Board