【動画】SAP Leonardo IoT(SAPレオナルドIoT)の紹介

モノのインターネット(IoT)を使う事によってより効率的に、かつコストの削減をして収益の向上を目指す事ができます。産業界において、何か障害があった時に作業中止期間を設ける事は、生産性を低くし、収益を減らしてしまう事につながります。そこで、システム障害を予測することで、部品を修理、交換する事で作業中止期間を設けることなく継続して生産をする事が出来ます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

長い間、データ中心型戦略の可能性については経済的に推測されず、市場規模が推測されていませんでした。

今、伝統的な産業の製造方法は、Internet of Things(モノのインターネット)によって、最先端技術を使い新しいビジネスモデルへと可能性を広げる事ができるようになりました。

製造部門別に生産要素を調達している場合、投資リスクのみが削減されるわけではなく、事前に正確に生産コストを計画する事が可能です。

機械が運用データを通信する際に、個々のユニットのパフォーマンスをリアルタイムで監視する事ができます。また、装置の障害での作業中止期間を回避できます。

これらの接続された機械は、自動的にサービスと定期メンテナンス要求を機械自身からする事が可能です。生産機械が事前に設けられた設定を元に部品等の状態の監視をする事によって、メンテナンスコストの削減をし、迅速なサービスに務める事ができます。

何か問題がありそうな時にIoT技術によってJust-in-time delivery(ジャスト・イン・タイムデリバリー)でスペアの部品を調達するので、常に生産が継続されます。

生産ライン全体にわたるend-to-end(エンドツーエンド)の可視性により、重要な情報源の資産活用が最適化されます。

貯蓄されている情報とセンサーの情報を合わせる事によって、システム障害を予測する事が可能となり、部品を修理、交換する事によって作業中止期間を設けることなく継続して生産をする事が出来ます。

アプリケーションの可能性はこれらだけがすべてではありません。事実上全ての業界やあらゆる市場において、リアルタイムのデータを活用できることが競争優位を表している事は確かです。

Internet of Things(モノのインターネット)は、既存の事業運営を変革し、かつてないレベルの顧客サービスを提供するために新しいビジネスモデルを再考する機会を与えるものです。

SAP SEについて

SAP SEは、ドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社です。SAPは主にビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業であり、売上高ではマイクロソフト、オラクル、IBMに続いて世界第4位です。特に大企業向けのエンタープライズソフトウェア市場においては圧倒的なシェアを保持しており、企業の基幹システムであるERP分野においては世界一です。

詳しくは、https://www.sap.com/index.htmlをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
医療、自動車産業で拡大する超音波センサー市場。2018〜2023年の間にCAGR10.96%で成長し、55億米ドルの価値... 世界のIoTに関するレポート公開中