製造業が復活を遂げている28の米国都市

製造業が復活を遂げている28の米国都市 – 記事

米国の製造業の活動はかつての面影を残しています。安価な外国人労働力と自動化の向上 (何度かの不況に加えて) 何十年もの間、アメリカの製造業労働者の需要は徐々に減少してきています。最終的に、この部門で雇用されているアメリカ人の総数は、2010年2月に1,150万人に達し、1979年の1960万人のピークから41%減少しました。

業界の低迷により、かつては偉大だった12以上のアメリカの都市の経済の中核を切り開きました。大西洋中西部と中西部に集中しているこれらの都市は、時には総称して、ラストベルト(サビたベルト)と呼ばれています。

それ自体がアメリカの産業衰退の象徴であるラストベルトの都市には、ボルチモア、クリーブランド、デトロイト、ピッツバーグなどが挙げられます。

大不況の直後の大幅解雇以来、製造業は100万人を超える雇用を追加してきましたが、業界の成長は全国的な雇用の伸びのペースには追いついていません。

心強いことに、いくつかの米国の都市がこの傾向に逆らっています。国内の特定の場所では、製造業の雇用が急増しており、多くの場合、全国的に同部門の雇用の伸びが3倍以上になっています。

24/7Wall Streetは、製造業が復活してきている都市を特定するために、米国のメトロ地域における過去5年間の製造業雇用の変化率を調査しました。リストを製造拠点に限定するため、30年前にこの地域に典型的な雇用集中があった都市だけが検討されました。

多くのラストベルトの都市でかつてはありがちだった象徴的な鉄鋼および自動車製造業の仕事に加えて、製造業には食品から医薬品製造まで、他のさまざまな産業が含まれています。今日の新しい製造業の仕事の多くは、前世紀の仕事とは大きく異なります

28.グリーンビル – アンダーソン – モールディン、サウスカロライナ州
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 14.8%(+7,500)
•2017年の製造業雇用:58,200人(全体の14.0%)
•2012年の製造業雇用:50,700人(全体の13.8%)
•製造輸出額:50億ドル
•8月の失業率:2.9%

27.ジョージア州サバンナ
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 14.9%(+2,200)
•2017年の製造業雇用:17,000人(全体の9.5%)
•2012年の製造業雇用:14,800人(全体の9.5%)
•製造輸出額:23億ドル
•8月の失業率:3.4%

26.アイダホ州ボイシ市
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 15.0%(+3,600)
•2017年の製造業雇用:27,600人(全体の8.7%)
•2012年の製造業雇用:24,000人(全体の9.1%)
•製造輸出額:12億ドル
•8月の失業率:2.5%

25.ミシガン州ジャクソン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 15.1%(+ 1,300)
•2017年の製造業雇用:9,900人(全体の17.0%)
•2012年の製造業雇用:8,600人(全体の15.9%)
•製造輸出額:9億8,480万ドル
•8月の失業率:3.5%

24.テネシー州モリスタウン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 15.3%(+1,500)
•2017年の製造業雇用:11,300人(全体の24.6%)
•2012年の製造業雇用:9,800人(全体の23.1%)
•製造業輸出額:9億840万ドル
•8月の失業率:4.0%

23.ミシガン州カラマズー・ポーテージ
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 15.4%(+ 2900)
•2017年の製造業雇用:21,700人(全体の14.7%)
•2012年の製造業雇用:18,800人(全体の13.8%)
•製造輸出額:17億ドル
•8月の失業率:3.3%

22.マーセド、カリフォルニア
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 15.5%(+ 1,300)
•2017年の製造業雇用:9,700人(全体の14.4%)
•2012年の製造業雇用:8,400人(全体の14.2%)
•製造業輸出額:4億5,890万ドル
•8月の失業率:8.1%

21.ニュージャージー州ヴァインランドブリッジトン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 16.0%(+ 1,300)
•2017年の製造業雇用:9,400人(全体の16.0%)
•2012年の製造業雇用:8,100人(全体の14.1%)
•製造輸出額:3億5,470万ドル
•8月の失業率:6.6%

20.オレゴン州アルバニー
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 16.2%(+1,100)
•2017年の製造業雇用:7,900人(全体の17.8%)
•2012年の製造業雇用:6,800人(全体の17.4%)
•製造輸出額:7億2200万ドル
•8月の失業率:4.3%

19.コロラド州グリーリー
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 16.7%(+ 1,900)
•2017年の製造業雇用:13,300人(全体の12.7%)
•2012年の製造業雇用:11,400人(全体の13.3%)
•製造輸出額:7億9,600万ドル
•8月の失業率:3.2%

18.サウスカロライナ州スパルタンバーグ
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 16.7%(+ 4,400)
•2017年の製造業雇用:30,800人(全体の20.1%)
•2012年の製造業雇用:26,400人(全体の20.0%)
•製造輸出額:28億ドル
•8月の失業率:3.0%

17.テネシー州ケンタッキー州クラークスヴィル
•過去5年間の製造業雇用の変化:+17.0%(+1,700)
•2017年の製造業雇用:11,700人(全体の13.0%)
•2012年の製造業雇用:1万人(全体の12.0%)
•製造業輸出額:826.5百万ドル
•8月の失業率:4.5%

16.カリフォルニア州サンタローザ
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 17.3%(+ 3,400)
•2017年の製造業雇用:23,100人(全体の11.2%)
•2012年の製造業雇用:19,700人(全体の11.4%)
•製造輸出額:14億ドル
•8月の失業率:2.5%

15.ユタ州オグデン – クリアフィールド
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+17.6%(+4,900)
•2017年の製造業雇用:32,700人(全体の12.9%)
•2012年の製造業雇用:27,800人(全体の12.7%)
•製造輸出額:32億ドル
•8月の失業率:3.3%

14.ルイジアナ州レイクチャールズ
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 18.2%(+1,600)
•2017年の製造業雇用:10,400人(全体の9.0%)
•2012年の製造業雇用:8,800人(全体の9.7%)
•製造輸出額:64億ドル
•8月の失業率:3.9%

13.コネチカット州ノーリッチ – ニューロンドン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 18.5%(+ 2700)
•2017年の製造業雇用:17,300人(全体の13.3%)
•2012年の製造業雇用:14,600人(全体の11.3%)
•製造輸出額:19億ドル
•8月の失業率:3.7%

12.イリノイ州カンカキー
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 18.5%(+1,000)
•2017年製造業雇用:6,400人(全体の13.8%)
•2012年の製造業雇用:5,400人(全体の12.3%)
•製造輸出額:5億7,240万ドル
•8月の失業率:4.8%

11.ケンタッキーインディアナ州ルイビル/ジェファーソン郡
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 19.2%(+ 13,200)
•2017年の製造業雇用:81,900人(全体の12.3%)
•2012年の製造業雇用:68,700人(全体の11.5%)
•製造輸出額:70億ドル
•8月の失業率:3.9%

10.ミシガン州デトロイト – ウォーレン – ディアボーン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 19.6%(+ 41,500)
•2017年の製造業雇用:25万3,100人(全体の12.6%)
•2012年の製造業雇用:211,600人(全体の11.5%)
•製造業輸出額:288億ドル
•8月の失業率:4.2%

9. Grants Pass、オレゴン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 20.8%(+500)
•2017年の製造業雇用:2,900人(全体の11.1%)
•2012年の製造業雇用:2,400人(全体の10.5%)
•製造輸出額:1億820万ドル
•8月の失業率:5.4%

8.ミシガン州グランドラピッズ – ワイオミング
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 21.8%(+ 20,600)
•2017年の製造業雇用:115,200人(全体の20.8%)
•2012年の製造業雇用:94,600人(全体の19.5%)
•製造輸出額:74億ドル
•8月の失業率:2.7%

7.アラバマ州タスカルーサ
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 23.9%(+3,200)
•2017年の製造業雇用:16,600人(全体の15.4%)
•2012年の製造業雇用:13,400人(全体の13.6%)
•製造輸出額:22億ドル
•8月の失業率:3.8%

6. Auburn-Opelika、アラバマ州
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 25.0%(+1,400)
•2017年の製造業雇用:7,000人(全体の10.8%)
•2012年の製造業雇用:5,600人(全体の10.3%)
•製造輸出額:5億8,810万ドル
•8月の失業率:3.6%

5.ボウリンググリーン、ケンタッキー
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 28.3%(+2,800)
•2017年の製造業雇用:12,700人(全体の16.7%)
•2012年の製造業雇用:9,900人(全体の14.4%)
•製造輸出額:11億ドル
•8月の失業率:3.9%

4.ケンタッキー州エリザベスタウン – フォートノックス
•過去5年間の製造業の雇用の変化:+ 28.6%(+ 1,800)
•2017年の製造業雇用:8,100人(全体の14.4%)
•2012年の製造業雇用:6,300人(全体の12.0%)
•製造輸出額:6億9,670万ドル
•8月の失業率:4.2%

3.インディアナ州ココモ
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 30.5%(+ 2,900)
•2017年の製造業雇用:12,400人(全体の29.7%)
•2012年の製造業雇用:9,500人(全体の24.8%)
•製造輸出額:18億ドル
•8月の失業率:3.4%

2.インディアナ州エルクハートゴセン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 33.7%(+17,100)
•2017年の製造業雇用:67,900人(全体の49.3%)
•2012年の製造業雇用:50,800人(全体の44.6%)
•製造輸出額:45億ドル
•8月の失業率:2.7%

1.アイダホ州ルイストン
•過去5年間の製造業雇用の変化:+ 40.6%(+ 1,300)
•2017年の製造業雇用:4,500人(全体の15.6%)
•2012年の製造業雇用:3,200人(全体の12.4%)
•製造輸出額:2億3,660万ドル
•8月の失業率:3.0%

詳細な調査結果

このリストにあるメトロ地域の中で、5年間で製造業雇用レベルが急増しているのは、サウスカロライナ州グリーンビルの14.8%からアイダホ州ルーイストンの40.6%の範囲です。参考までに、製造業の雇用は全国的に4.3%増加しています。

このリストのほとんどすべてのメトロ地域で、全体的な雇用の成長より製造業の成長が上回っています。このリストの28都市のうち24都市では、製造業が現在5年前よりも総雇用の大きな割合を占めています。全国では、製造業が総雇用の8.5%を占めており、2012年の8.9%から減少しています。

米国の一部で製造業が復活したきっかけは、同部門の衰退の一因となったオフショア生産の傾向が逆転したためでした。海外での人件費の上昇、輸送コストの増加、および注文サイクルの長期化により、アウトソーシング生産の経済的利益が減少しているため、米国に生産工場を開設する企業が増えています。

企業は生産を国内に集中させることによってリスクを減らすこともできます。外国の製造業に関連するリスクには、潜在的に不適切な品質管理、文化的および言葉の壁、そして評判が低下することなどがあります。

製造業の仕事を取り戻している企業の一つに自動車部品メーカーGentexがあります。ミシガン州Zeelandで生産を統合するために、近年、中国とメキシコの工場を閉鎖しました。 Zeelandは、Grand Rapidsメトロエリア内にあり、過去10年間で製造業の雇用が21.8%増加しました。

同様に、多国籍コングロマリットのGeneral Electricは最近、ハイエンドの冷蔵庫の製造をメキシコからケンタッキー州LouisvilleにあるAppliance Park施設に移しました。さらに最近では、同じ工場で食器洗い機と洗濯用具の生産が拡大され、400人もの雇用が増えました。 GEのAppliance Park施設のおかげで、ルイビルのメトロエリアは過去5年間で製造業の雇用を13,200人増加させ、19.2%もの増加となりました。

製造業の仕事がこれらの都市で戻ってきている間、工場自身も20世紀のステレオタイプな組立ラインから大幅に変化しました。ここ数十年の技術の進歩は、数え切れないほどの製造業における生産プロセスに影響を与えました。

それらの機械を維持し修理しそして生産を監督することはテクノロジーを必要とします。仕事によって要件は異なりますが、製造業の仕事でライセンス、証明書、または何らかのレベルの大学や専門学校の資格が必要になることは今日珍しくありません。

元記事はこちら:https://eu.usatoday.com/story/money/economy/2018/10/16/cities-where-manufacturing-making-comeback/38127539/

製造業が復活を遂げている28の米国都市 世界のIoTに関するレポート公開中