世界経済フォーラムによって認定された世界有数のスマートファクトリー

世界経済フォーラムによって認定された世界有数のスマートファクトリー – 記事

世界経済フォーラム(WEF)は、産業用IoT(IIoT)技術の採用に関して、世界で最もスマートな9つの工場のリストを発表しました。

WEFに「灯台」施設と呼ばれるこのファクトリーは、約1000の製造会社の初期リストから、第4次産業(4IR)の導入が財政面でも運用面でも成功したことに基づいて選択されました。

WEFイニシアチブの目的は、投資を行う際に先進国と新興国の両方の産業が直面する障害を特定するために、世界中でそのような「灯台」のネットワークを構築することです。

WEFによる以前の調査によると、IoT、ビッグデータ分析、人工知能、3D印刷などのプロジェクトテクノロジーに投資している企業の70%以上が、試験段階から実際の運用には進むことができなかったそうです。

これを念頭に置いて、新しい9つの「灯台」ネットワークは、IIoTに関する知識と経験を他の製造会社と共有することに同意しています。

ヨーロッパが先導

今回選択された工場の5つはヨーロッパに、3つは中国に、そして1つはアメリカにあります。 WEFによると、この地理的分布は、ヨーロッパが「自国のインターネット大手企業を生み出すのには苦労しているかもしれないが、先進技術を製造業に適用することに関しては依然として大国であることを示している」と述べています。

WEFによると、これらの各施設は広範囲のインダストリー 4.0テクノロージを大規模に展開しており、それぞれの成功例を1つずつ挙げています。

Bayer Pharmaceuticals Division(イタリア、Garbagnate):工場の大幅な数量拡大の時期に、同社は品質管理ラボの改善を推進するためにデジタルツインベースのスケジューリングプログラムを導入しました。

Bosch Automotive(中国、無錫):高度なデータ分析により、同社は「出力損失を正しく理解して食い止め、プロセス設定をシミュレートして最適化し、発生前の機械の中断を予測する」ことができます。

Haier(中国青島):オーダーメイドの大規模カスタマイズプラットフォームと、予測保守のためのリモートAIサポートインテリジェントクラウドプラットフォームを構築するために、人工知能が作業の中心となっています。

Johnson&Johnson DePuy Synthes(アイルランド、コーク):工場では、高度な機械分析、運用コストの削減、および機械停止時間の短縮のために、IoTテクノロジーを活用しデジタルツインの物理資産を作成しました。

Phoenix Contact(Bad Pyrmont / Blomberg、ドイツ):「顧客主導のデジタルツイン化」は、各顧客ごとのデジタルコピーを作成することで、制作時間を30%短縮しました。

Proctor&Gamble(チェコ共和国Rakona):工場はサプライチェーンの改善、製品化までの時間の短縮、在庫効率と顧客満足度の向上のためのWebベースの分析モデルを開発しました。

Schneider Electric(フランス、Le Vaudreuil):オペレーターは、運用、保守、およびエネルギー使用の可視性を高め、エネルギーコストを10%、保守コストを30%削減しました。

Siemens Industrial Automation Products(中国、成都):柔軟な生産のための新しいプラットフォームは、顧客の注文を受けてすぐにリソースを割り当て、生産時間を計画し、100%のコンプライアンスと100%のトレーサビリティをもたらすことができます。

Fast Radius / UPS(米国、シカゴ):工業用3Dプリントは製品の速やかな納品と大量カスタマイズの需要に対応することができ、中央配置型の専用運用システムは、リアルタイムの分析、設計、生産、そしてグローバルな取引を推進します。

インターネットビジネスによると

製造分野の灯台ネットワークは、9月18日から20日まで中国の天津で開催される世界経済フォーラムの第12回ニューチャンピオン年次総会で正式に開始されます。 2019年1月に開催されるWEFの年次ダボス会議の集会では、企業が追加のファクトリーを提案することで、ネットワークの拡大が見込まれています。

WEFの「生産システムの未来を形づくる」イニシアチブを率いるメンバーのHelena Leurent氏は、次のように述べています。

「灯台施設を基に学習プラットフォームを構築するという当社の取り組みは、多国籍企業、中小企業、新興企業、政府機関、学術機関など、より大きな製造エコシステムのメリットを捉えるための飛躍の一歩となるでしょう」

WEFは米国の戦略会社McKinsey and Companyと共同でこのプロジェクトを進めました。

元記事はこちら:https://internetofbusiness.com/nine-world-leading-smart-factories-identified-by-world-economic-forum/

世界経済フォーラムによって認定された世界有数のスマートファクトリー 世界のIoTに関するレポート公開中