中国国内で製造業者を見つける9つの場所

中国国内で製造業者を見つける9つの場所 – 記事

プライベート製品を作るために信頼できる製造業者を見つけることは、オンラインビジネスを始めるにあたり最も重要なステップの1つです。インターネット上には、世界中に拠点を置く製品製造業者で溢れています。そして、各々が品質や信頼性そして価格について主張してくるでしょう。しかし、どのメーカーがきちんと約束を果たすのか?どの製造元が自分に適しているか?どのように見極めればいいでしょうか。ここでは、あなたの製品を製造するメーカーを探すための9つの方法を紹介します。これらのリソースのうちの少なくとも1つが、信頼できる良質の製造業者とあなたを結び付けると確信しています。

1. 地元の見本市

見本市(展示会とも呼ばれる)は、企業や製造業者が新しい顧客を引き付けるために自社の製品やサービスを紹介する場です。彼らはメーカーと直接会うのに最適な場所であり、海外の企業と顔を見ることなくメールのやり取りをするよりも、自信と安心を提供することができます。見本市では、売り手の質問を製造元を見ながら答えてもらうことができます。インターネット以前は、製造業者と販売業者が関係を築きビジネスを行うため、これらが主な方法でした。今日でも、売り手が製造業者に会い、彼らの製品を見て、持続的なビジネス関係を促進するための良い方法です。ローカルな見本市に行くと、地元の製造業者と出会う可能性が高くなり、物流や出荷に関しては有益な場合があります。

  • ・ローカル見本市 
  • SaleHooは、世界中のローカルな見本市のリストを作成しています。これは、その地域の見本市で製造業者に会いたいと考える売り手にとっては重要なリソースとなるでしょう。それ以外の場合で、お住まいの地域で見本市を見つける最善の方法は、Googleで検索することです。見本市は、おそらく地元のイベントのウェブサイトに掲載されるでしょう。見本市の情報を得るために参加できるFacebookグループもあります。
  • ・中国での展示会 
  • 中国は世界最大のメーカーです。それはまた、オンライン販売者が製造業を始める最も一般的な場所の1つです。製造業者と直接話すために中国へ旅行する場合、たくさんの素晴らしい展示会があります。その中でも最大の展示会は、広州の広州交易会や、浙江省の義烏商品フェアや、上海の華東輸出入商品見本市などです。
  • ・アメリカでの見本市 
  • 米国では一年中ほぼすべての業界の見本市があります。 M + A Expodatabaseは素晴らしいリソースであり、米国で開催されているほとんどの見本市の最新リストをニッチに整理して提供しています。あなたがアメリカ製の製品を販売したいなら、素晴らしい選択肢の一つになるでしょう。

2.オンライン取引サイトeTradeAsia.com

Etradeasia.comは、世界最大の貿易ポータルサイトおよびオンライン市場の1つで、70万人以上の会員と100万以上の製品を提供しています。サプライヤーや製造元にとって最適な場所でしょう。 「衣料品」サプライヤーを検索すると、897件もヒットされました。あなたのニッチが何であっても、このウェブサイト上では、適切な製造元を見つけることができると言っても過言ではないでしょう。これは、他の主要なオンラインマーケットに比べ、あまり知られていないオプションなので多くの可能性を秘めています。

3.ライフスタイル製品サプライヤーLightintheBox.com

Lightinthebox.comはメーカーから直接魅力的な価格でライフスタイル商品を提供します。アパレル、小物、家庭用品、ガーデン用品を専門とする世界的なオンライン小売企業です。正式にはサプライヤーディレクトリではありませんが、リストの多くにサプライヤーの連絡先情報が含まれており、製造について何か尋ねたい場合は、直接連絡することができます。 Facebook上では600万以上のいいねが付いており、このウェブサイトが世界中で信頼されて人気であるということがわかります。

4. Alibaba.com

Alibaba.comは、推定2億7,900万人のバイヤーと、850万人のセラーがいる世界最大のサプライヤーディレクトリで、主にB2Bサービスを提供しています。あなたのニッチや製品が何であれ、ほとんどの場合、ここでメーカーを見つけることができるでしょう。 Alibabaのほとんどの製造業者は、まとめて購入しなければならないことを意味するMOQ(最低発注量)を持っています。これはリーズナブルな価格で購入できるという利点はありますが、始めたばかりのバイヤーには財政的に厳しい場合があるでしょう。製品を検索し、検索バーに「プライベートラベル」または「製造元」という単語を入力すれば、サプライヤーと製造元を検索することができます。また、検証済み購入者となれば、Alibabaのより詳細なサプライヤーディレクトリにアクセスすることが可能となります。これにより、経験豊富なサプライヤーの検索、取引記録の表示、主要顧客の一部の表示、およびその他の背景情報を確認することができるように、より多くの情報とセキュリティを得ることができるのでお勧めです。

5.最新の電子機器、ファッション、携帯電話アクセサリー、おもちゃなどはAliExpress.comから入手

Aliexpress.comはAlibabaが保有しているウェブサイトですが、別の市場をターゲットとしています。それほど多くの製造元はありませんが、Alibabaに比べて少量注文が可能です。限られた資本から始めるのであれば、このサイトは良いオプションとなるでしょう。製造元を見つけるには、AliExpressを少し掘り下げる必要があります。サプライヤーに連絡し、あなたの製品を製造することができるかどうか確かめることが必要となるでしょう。 AliExpressの良いところは、あなたが製造したいものを一つ決める前に、ニッチで異なる多くの製品を1つずつ買うことができるということです。信頼できるサプライヤーを探し出すには「セラー評価」順で検索することがお勧めです。

6. SaleHooの検証済みサプライヤーディレクトリ

SaleHoo Wholesale Directoryには、8,000以上の低コストのサプライヤーと、160万の製品とブランドがあります。 SaleHooチームは、各サプライヤーをディレクトリに追加する前に事前にチェックを行っています。つまり、潜在的に問題のあるサプライヤーへの対処について、個人的に心配する必要がありません。ディレクトリ内のすべてのサプライヤーが製造元であるとは限りませんが、このサイトを利用して何百を超えるサプライヤーを見つけることができます。ワンクリックで、電話番号、電子メール、住所などの製造元の連絡先情報、信頼できるスコア、製品の範囲と品質、顧客サービス情報などの詳細を確認することもできます。

7. 香港、中国、台湾の製造業者および市場

香港貿易発展評議会(HKTDC)は、香港を拠点とする製造業者、貿易業者、およびサービスプロバイダーのための国際マーケティング部門です。自動車部品やアクセサリーから電子機器、宝石類、織物、おもちゃまで、多種多様な製品のサプライヤーおよび製造元を提供していますが、あまり知られていません。直接メールを送信できるポップアップメッセージボックスがあるため、サプライヤーへの連絡はとても簡単です。ただし、きちんと検証され、第三者の参照があることを確認してから連絡するようにしてください。

8. グローバル製造市場MFG.com

MFG.comは「製造業のeBay」として記載されています。製造会社のグローバルデータベースです。MFG.comは、歯車、金型、機械加工部品などの重製品を専門としているため、安いノベルティアイテム等は見つけることができません。しかし、そのような製品を請け負うメーカーを探している起業家エンジニアなら、MFG.comが最善の場でしょう。アカウントを作成して開始するのは無料です。 また、AmazonのCEOであるJeff Bezosは同社の投資家なので、このサイトが合法的であることは明確です。

9. 世界中の衣料品メーカー

洋服は最も人気のあるeコマースのニッチ分野の1つですが、特に海外のメガファクトリーに頼る場合は、高品質の製造元を見つけるのは難しい場合があります。パターンの作成、生地の選択、サンプルの作成、変更、注文を行うことは大変難しく、最終製品があなたの想像通りであることを確認することは必須です。最後に、信頼性の高い衣料品メーカーをいくつか紹介したいと思います。
以下の情報を鵜呑みにせず、自分の衣服のラインに適したものであることを確認するために、必ず調査を行ってください。

  • ・アメリカの衣料品メーカー
  • makersrow.com Makersrow.comは、洋服デザイナーや中小企業をアメリカの工場や製造業者と結び付けています。これは、洋服のラインに「American Made」というタグを貼ったり、単に国内の製造業者と仕事をしたい場合に最適なオプションです。同社は8万以上の企業に国内メーカーと仕事をする機会を提供してきました。
  • ・ヨーロッパの衣料品メーカー
  • sqetch.co Sqetch.coはオランダに本拠を置き、洋服ブランドとヨーロッパの製造業者を結び付けています。それはあなたが単に作り出したい衣類の種類、生地やユニットの数を入力するだけの、ユーザーフレンドリーなインターフェースを持っています。その後は、あなたの要求に合ったサプライヤーと連絡を取り、生産工程を通して協力することができます。ディレクトリには2500以上のプロジェクトに取り組んできた1000以上のメーカーがあります。
  • ・インドの衣料品メーカー
  • indiamart.com Indiamart.comは、AlibabaやAliexpressと同様に小規模なオンライン市場です。アジアの衣料品製造業を見ているのであれば、これは貴重なリソースです。 「レディースジャケット」を検索したところ、4000社を超えるサプライヤが見つかり、その多くは製造サービスも提供していました。アジアの工場はアメリカやヨーロッパの工場よりはるかに安価である可能性が高いので、価格があなたにとって最も重要な要素であるならば、Indiamart.comはチェックする価値があります。上記の他の多くのWebサイトと同様に必ず検証済みのサプライヤーに問い合わせてください。

元記事はこちら:https://www.salehoo.com/blog/how-to-find-manufacturers-in-china