日本と台湾が次世代の計量デモで提携

日本と台湾が次世代の計量デモで提携 – 記事

TEPCO Power Grid、東京ガスおよびITRI(産業技術総合研究所)は共同で、R.O.CのShalun Green Energy Science CityのエリアDで、次世代計量プラットフォームを開発するための実証プロジェクトを実施することに合意しました。

ITRIは、エリアDに7つのエネルギー効率の高いスマートデモンストレーションハウスを設立する予定です。モデル住宅は、台南の実験フィールドに建設され、グリーンライフスタイルが省エネルギーにとって何を意味するかについての見識をもたらすビッグデータを生成します。

TEPCO PGと東京ガスは、ITRIの支援を受け、電力メーター、水道メーター、ガスメーター、ゲートウェイ、および関連サーバーで構成されるメーターシステムを提供し、モデル住宅に設置します。

メーターシステム構成には、フィールドエリアネットワーク用のWi-SUN FANと、メーター間通信用のWi-SUN JUTという無線通信技術も同時に適用されます。

TEPCO PGは、台湾企業と日本企業と国立Cheung Kung大学と協力し、安全で、便利で、より環境に優しい社会を作ることを目的として、ビッグデータ分析を含む、システム全体の有効性と要素のテクノロジーを評価するため、ITRIのデモンストレーションハウスの電化製品にECONET / TaiSEIA通信でHEMSを備えたスマート電化製品とセンサーを取り付ける予定です。

元記事はこちら:https://www.smart-energy.com/regional-news/asia/japan-and-taiwan-for-next-gen-metering-demo/