Made in China 2025は西欧諸国が考えているほど大きな驚異となるか?

Made in China 2025は西欧諸国が考えているほど大きな驚異となるか? – 記事

Made in China 2015は、中国が外国技術への依存を脱し、そのハイテク産業を西洋諸国のレベルに引き上げることを目的としています。しかし、それはワシントンと北京との貿易戦争において、避雷針のようになっています。この記事は、当計画に関するシリーズの最初の記事となりますが、どのようにこの計画が脚光をあびるようになったかを説明しています。

8月には、あまり知られていない中国本土のスタートアップ企業が誇らしげにオリジナルのWebブラウザ開発で「アメリカの独占を打ち破った」と発表しました。しかし、北京を拠点とするRedcoreの名声の主張は短命でした – そのソフトウェアはすぐにGoogle Chromeの痕跡があることが判明したのです。

Redcoreは、技術トランスファーと知的財産窃盗のための北京の強力な目標戦術において、西欧諸国が抱いていた不満を強調した事件で、公共の場での墜落を余儀なくされました。それは中国にとって、ハイテク超大国になるために米国と直面しなければならないギャップを明確にする現実的なチェックともなりました。

Redcore、そして多くの中国のハイテク企業の野心の原点は、2015年に発表された国家主導の「Made in China 2015」計画に見いだすことができます – ロボット、航空宇宙、新素材から新エネルギー自動車まで – バリューチェーンを拡大し、輸入品を現地の製品に置き換え、最先端技術で西欧諸国の技術大手を引き継ぐことが可能な、グローバル企業を築くというものです。

3年後には、この計画は、進行中の貿易戦争で広げられてきた、米国と中国の間の大国間のイデオロギー対立における避雷針となることでしょう。世界的な技術的優位性に対する脅威を感じている米国は、中国経済において不当に国家介入されていると見なされるものの一例としてこの計画を挙げています。

台湾経済研究所副研究員のLu jiun-wei氏は、

「中国の製造業は強くない、それが現実であるが、Made in Chiina 2025に対する米国の態度は現実的というよりもむしろ感覚で述べているようで言及するのは難しい」
「しかし、世界的な政治的観点からの電力競争において、米国は、中国の製造業が追いつく、あるいは維持し、両国のギャップが広がっていくのを抑えるよう望んでいます。こちらは真の戦略的設定であり感覚ではありません」

とも述べています。

中国にとって、Made in China 2025の背後にある最初のアイデアは、単に他の国々に追いつくことであり、それ自身さえも難しいと思えるものでした。

この計画の対象となる10の業界の内の1つである、新世代の情報技術部門だけでも十分です。 20年以上の歳月が費やされて以来、中国は、自社製のコンピュータ用オペレーティングシステム、つまりマイクロチップを商品化していません。MicrosoftとIntelが主流となっているグローバルコンピューティング市場への参入は言うまでもありません。

Huazhong大学のZhang Haiou教授は、

「われわれは基本的に、特に開発中のコア技術に関しては”ついて行っている”段階にあります」

と述べています。

中国は自国で開発することにより輸入技術への依存度を下げるという野心的な計画を持っています。

中国の産業情報技術大臣であるMiao Wei氏でも、製造業の超大国になるには国がさらに30年を要すると認めています。2015年に、「Made in chinaは、認識されているほど強力ではありません」と、中国の人々の政治諮問会議、国の最高政策諮問機関での参加者へ発言しています。

しかし、技術の超大国になりたいという願望は、Xi Jinping大統領の「中国の夢」という考えに束縛され、国民主義的なプライドの波に乗って広まってきました。 地方や都市は、すべての開発計画をMIC2025イニシアチブに変換するのに全力で取り組んでいます。

元記事はこちら:https://www.scmp.com/business/china-business/article/2163601/made-china-2025-beijings-plan-hi-tech-dominance-big-threat