なぜ皆Made in China 2025を嫌うのか?

なぜ皆Made in China 2025を嫌うのか? – 記事

同様に問題視されているのは、中国がそれをいかに達成しようとしているかです。中国は自分たちが重要なハイテク分野に遅れをとっていることを知っているので、外国企業の買収を促進したり、技術移転契約を強制したり、最先端の技術とノウハウを得るための商業サイバースパイの戦略を推進したりしているとも言われています。

オバマ政権は何年もかけて北京に商業的なサイバースパイ行為を阻止するよう圧力をかけていましたが、ワシントンなど他の首都は中国の投資と技術移転協定の波及効果に対して取り組み始めたばかりです。米国とヨーロッパでの中国の投資の急増は、ここ数年で繰り返し発生しています。議会議員は特にハイテク分野へのそのような投資が単なる個人だけでなくではなく、北京自体によって導かれていることをますます懸念しています。

事実上の証拠がこの疑いを裏付けています。米国をはじめとする他の地域、特にハイテク分野への中国の投資は、2015年以降急増しています。2016年にドイツの機械メーカーAixtronを買収しようとした、中国の非公開企業であるFujian Grand Chipsの例を挙げてみましょう。Fujian Grand Chipsをベースとする企業であるSan’an Optoelectronicsが、Aixtronからの重要な注文を疑わしい理由でキャンセルしました。また、Fujian Grand ChipsとSan’an Optoelectronicsは、北京が管理する共通の投資家である半導体基金を共有していました。この買収は、政府高官による11時間の介入によって妨げられましたが、北京がいかに調整された方法で海外への投資を促進しているかを実証しました。

中国における技術移転協定および制限的な市場慣行も同様の問題を提起しています。外国企業は、市場アクセスと引き換えに、中国のパートナーに貴重な知的財産を譲渡する契約を結ばなければいけないということが往々として発生しています。これらの協定は搾取的な可能性があり、中国と世界の他の国々との間の市場アクセスの非対称性を際立たせるものとなっています。

現実的にできることは何か?

最近の中国に対するトランプ氏の関税のキーワードは「相互主義」ですが、それが正しいアプローチでしょう。アジア社会特別部は昨年、米中貿易と投資関係に緊張が走ろうが米国は相互主義を緊急に主張するべきだと結論を出しました。しかし、Scott Kennedy氏が指摘しているように、貿易戦争は簡単なことではなく、政権がそれについて明確な考えを持っているかどうかは不明です。さらに、よりふさわしい道具がより良い結果をもたらそうとも、トランプ氏はいまだに単なる破壊球を使用しています。中国に対する貿易措置に加えて、トランプ氏はまた、中国と同様に米国の同盟国に影響を与える外国鋼の広範囲の関税を発表しました。多くの同盟国が関税の一時的な免除を確保している一方で、トランプ氏の思想的行動は多くの反感を得ています。Matthew P. Goodman氏とEly Ratner氏が外交問題で論じたように、多くの国々は中国のハイテク重商主義と闘うというトランプの考えを共有していますが、トランプ氏は中国に対抗するためにそれらを統一するというよりむしろ、同盟国をも分割しようとしているようです。

その代わりに、政権は、国内外で政治的合意を築くという長期にわたるゲームに焦点を合わせるべきでしょう。それは、ハイテク分野への中国の投資をよりよく監視するために、米国の対外投資委員会(CFIUS)を更新することや、WTOのような既存の開催地を利用して中国の産業政策に対する訴訟を提起すること、知的財産権保護、労働基準、および国営企業との不公平な競争からの保護に対する高い基準を設定することなどです。家庭での常識的な投資もまた優先されるべきです。教育、インフラ、および基礎科学への投資は、貿易戦争と同じ見出しを生み出すわけではありませんが、米国がその優位性を維持することを確実にする一つとなるでしょう。

国内でハイテク産業を強化するという中国の壮大な計画は、海外ではあまり好意を持たれていません。 それには正当な理由があるのです。

トランプ政権が先週中国に対して600億ドルの関税を発表したのと同じ日に、米国貿易代表局(USTR)は、中国の不公平な取引慣行に関するセクション301の調査結果を発表しました。 200ページ近くに及ぶ報告書は、中国の知的財産に対する軽視、外国企業に対する差別、および中国企業を不当に強化するための優遇産業政策の使用についての激しい起訴を提示しています。興味深いことに、この報告書は、特に中国政府のイニシアチブの1つを北京の悪質な行動の代表例として挙げています。そのイニシアチブがMade in China 2025なのです。

もともと2015年に中国の国務院によって承認されたMade in China 2025は、驚くべきことに166回も言及または引用されています。これとは対照的に、米国の多くの多国籍企業に長年にわたる頭痛を引き起こした中国のサイバーセキュリティ法は、たったの13回しか言及されていません。製造拠点をアップグレードするという北京の壮大な計画は、世界中の政府を駆り立て、海外と中国との貿易が「win-win」ではないという疑念を確固たるものとしました。アメリカと中国の経済的な対立が激しくなる中で、Made in China 2025は米国の技術的リーダーシップに対する実存的脅威へと成長しつつあります。

Made in China 2025とは何でしょう?

Made in China 2025は中国を、ロボティクス、情報技術、航空、そして新エネルギー車などの最先進産業を支配するハイテク大国に変えるという北京の計画の青写真です。この中国の野心はこの国の発展の歴史からも見て取れるでしょう:各国はいわゆる「中間所得の罠」に陥らないよう、通常、たくさんの労働力を要する産業からの脱却と、賃金上昇に伴う付加価値チェーンの上昇を目指すものです。中国の立案者たちは、無線センサーやロボット工学などの高度な技術をインターネットと組み合わせ、生産性や効率性および精度を大幅に向上させることのできるドイツのコンセプト「Industry 4.0」を熱心に研究してきました。

Made in China 2025を通じた中国の意向は、ドイツ、アメリカ、韓国、そして日本のようなハイテク経済の仲間入りをすることであり、それらに完全に取って代わるものではありません。 Made in China 2025では、テクノロジーの代替によって「自給自足」を達成しながら、重要なハイテク産業の世界市場を支配する「製造超大国」になることが目標です。それは、ハイテク製品の輸出やハイテク部品の世界的サプライチェーンに依存している国にとっては、大きな問題となる可能性があります。

中国がノルマを設定することは何が問題か?

一つには、そのようなノルマは技術代替に対するWTOの規則に違反しています。Made in China 2025では、2025年までに航空宇宙機器や電気通信機器などの業界でコアコンポーネントと基本材料の70%の「自給自足」を達成するという目標を掲げています。これは、工業生産高と輸出の大部分をハイテク技術で占めている韓国やドイツといった国を大きく破壊する恐れがあります。

ハイテク製品のサプライチェーンは通常、多くの国境にまたがっており、高度に特殊化されたコンポーネントが1つの国で生産され、他の場所で変更または組み立てられるということがあります。中国は、自由市場や規則ベースの貿易を遵守するのではなく、国内産業および産業政策を補助することにより、世界のハイテクサプライチェーン全体を包括することを目指しています。半公式文書は中国の製造業者のためにさらに具体的なノルマを示しています。中国の産業情報技術省(MIIT)の当局者は、これらの目標は公的政策ではないと主張しているが、メルカトール中国研究所の報告によれば、当局者は内部または半公文書を使って、WTOの規則に違反することなく、中国企業に目標を伝達しているのではないかと主張しています。

北京はどうやってMade in China 2025の先端技術を獲得するのか?

「自給自足」と「製造業の超大国」になるという北京の目標にとって問題があるのは、それをどのように達成するのかを計画しているかということです。中国の当局者は、中国が重要なハイテク分野に遅れをとっていることを知っているので、外国企業の買収促進、技術移転契約の強制、そして最先端の技術とノウハウを得るための商業サイバースパイの戦略を推進しています。
オバマ政権は何年もかけて北京に商業的なサイバースパイ行為を阻止するよう圧力をかけていましたが、ワシントンと他の首都は中国の投資と技術移転協定の波及効果に取り組み始めたばかりです。サイバー盗難とは異なり、どちらもそれ自体は違法ではありません。米国とヨーロッパでの中国の投資の急増は、ここ数年で繰り返し発生しています。しかし、議会議員は、特にハイテク分野へのそのような投資が単なる市場支配力の産物ではなく、北京によっても導かれることをますます懸念しています。
事実上の証拠がこの疑いを裏付けています。米国をはじめとする他の地域、特にハイテク分野への中国の投資は、2015年以降急増しています。これらの投資は、より広範な協調的な戦略を駆り立てることがよくあります。

2016年にドイツの機械メーカーAixtronを買収しようとした、中国の非公開企業であるFujian Grand Chipsの例を挙げてみましょう。別の福建省を拠点とするSan’an OptoelectronicsがAixtronからの重要な注文をキャンセルした福建グランドチップと山安オプトエレクトロニクスは、共通の投資家である北京が管理する全国的な重要な半導体基金を共有しました。この買収は、政府高官による11時間の介入によって妨げられましたが、北京がいかにして海外への投資を促進することができるか、多くの場合非常に調整された方法で実証されました。中国における技術移転協定および制限的な市場慣行も同様の問題を提起しています。外国企業は、市場アクセスと引き換えに、貴重な知的財産を中国のパートナーに譲渡する契約を締結することがよくあります。これらの協定は搾取的なものとなり得、中国と世界の他の国々との間の市場アクセスの非対称性を際立たせます。

中国のドイツ企業買収について話すと、ドイツのSigmar Gabriel経済大臣は、ドイツは「自由市場の祭壇の上の企業」を犠牲にすべきではないと述べ、ドイツ企業は中国市場への投資への平等なアクセスを否定しています。現実的にできることは何ですか?トランプの最近の中国に対する関税のキーワードは「相互主義」です。それが正しいアプローチです。アジア社会特別委員会は昨年、米中貿易と投資関係における相互関係を緊密にしても、米国は緊急に主張するべきだと昨年の結論を出しました。

しかし、スコット・ケネディが指摘しているように、貿易戦争は簡単なことではなく、政権がその希望する最終戦について明確な考えを持っているかどうかは不明です。さらに、より正確な道具がより良い結果をもたらしたならば、トランプは破壊球を使っています。中国に対する貿易措置に加えて、トランプはまた、中国と同様に米国の同盟国に影響を与える外国鋼の包括的な関税を発表しました。多くの同盟国が関税の一時的な免除を確保している一方で、トランプの思想的行動は貴重なのれんを燃やしています。Matthew P. GoodmanとEly Ratnerが外交問題で論じたように、多くの国々は中国のハイテク重商主義と闘うというトランプの願望を共有していますが、トランプは中国に対抗するためにそれらを統一するよりむしろ同盟国を分割します。その代わりに、政権は、国内外で政治的合意を築くという長期にわたるゲームに焦点を合わせるべきです。それは、ハイテク分野への中国の投資をよりよく吟味するために、米国の対外投資委員会(CFIUS)を更新することを含むべきです。

WTOのような既存の開催地を利用して中国の産業政策に対する訴訟を提起します。知的財産権保護、労働基準、および国営企業との不公平な競争からの保護に対する高い基準を設定しています。家庭での常識的な投資もまた優先されるべきです。教育、インフラストラクチャー、および基礎科学への投資は、貿易戦争と同じ見出しを生み出すわけではありませんが、米国がその優位性を維持することを確実にするためにより多くのことをします。

元記事はこちら:https://www.cfr.org/blog/why-does-everyone-hate-made-china-2025