Magenta Venture partnersが、産業用AIのスタートアップ向けに1億ドルのVCファンドを立ち上げ

Magenta Venture partnersが、産業用AIのスタートアップ向けに1億ドルのVCファンドを立ち上げ – 記事

イスラエルのベンチャーキャピタル企業Magenta Venture Partnersは、初期段階のイスラエルのスタートアップ企業向けに、自律走行車、インダストリー4.0、スマートシティ、フィンテック、そして人工知能とエンタープライズソフトウェアに焦点を当て、新たに1億ドルの資金を発表した。

この新ファンドは、2018年10月に最初のクロージングを行い、2019年に最後のクロージングを計画しています。

最新の資金は自動車用ヘッドライトのメーカーである小糸製作所からのものです。このように新しいファンドへの投資家の全ては日本人だということです。 Magenta Venture Partnersは、これがイスラエルの新興企業に「付加価値」を提供し、「グローバルリーディングカンパニー」を構築しようとしていると語っていました。

元Motorola Solutions Venture CapitalとGiza Venture Capital出身で、パートナーのうちの1人であるOri Israelly氏は次のようにコメントしています。

「私たちのファンドは財政的に焦点を絞っています。また私たちは資本を探すだけでなく、日本、ヨーロッパ、アメリカでのチームの経験に基づいて価値を追求するスタートアップに投資することを目指しています」

三井のパートナー兼ディレクターである竹内氏は、次のように述べています。

「Magentaはまた、投資収益率を最大化し、投資先企業や当社の取引フローによってイノベーションを生み出せるようにLPと協力するよう取り組んでいきます」

パートナーの一人でAmdocsとMicrosoftのベテランでもあるRan Levitzky氏は、次のように述べています。

「イスラエルの起業家は、大きな企業を生み出すということは、西洋だけでなく、東洋、特に日本を含む世界中に多種多様な商品を提供しなければいけないということをよく理解しています。」

その一方で、あらゆる規模の企業にわたるAI技術をサポートするための欧州連合の2000万ユーロのAI4EU人工知能(AI)プロジェクトが、先週バルセロナで開催された会合に集まったパートナーとの間で開始されました。

3年間のAI4EUプロジェクトでは、フランスのThalesをはじめとする21カ国から79の研究機関や企業が集まり、ハイテク企業がデータリポジトリ、コンピューティングパワー、ツールおよびアルゴリズムなどのAIリソースにアクセスするための、オンデマンドのオープンプラットフォームの設立に取り掛かりました。

また、「スキルアップ」と「スキル再教育」のコースも提供されます。AI4EUプロジェクトチームは、AIテクノロジーへのアクセスをさらに促進するために、地域の「ロボットのデジタルイノベーションハブ」および将来のAI優秀センターのネットワークと緊密に連携します。

共同声明の中で、欧州委員会の「デジタルシングルマーケット」プログラム担当副社長のAndrus Ansip氏と、デジタル経済および社会担当の医務官であるMariya Gabriel氏は次のように述べています。

「この技術が誰にでも簡単に使えるのであれば、ヨーロッパはAIの革新の恩恵を全て享受することができます。 AI4EUプロジェクトは、ヨーロッパ全土の中小企業、ハイテク企業、および行政機関にAIをもたらすのに役立ちます」

欧州委員会は、ホライゾン2020プログラムのもとで、2018年から2020年の間にAIの研究と技術革新への投資を15億ユーロに拡大しています。 EUにおける公共および民間投資の総額は、2020年末までに少なくとも200億ユーロに達するはずです。

元記事はこちら:https://enterpriseiotinsights.com/20190114/channels/news/magenta-launches-vc-fund-for-industrial-ai