Kx Insights:ドイツがIIoT製造業で世界をリード

Kx Insights:ドイツがIIoT製造業で世界をリード – 記事

ドイツ政府は、高度な学術研究から産業トライアルに至るまで、第4次産業革命の最前線に居続けるため、インダストリー4.0計画の一環としてモノのインターネット技術を製造に採用することで世界をリードし続けるでしょう。製造業が全体的な経済パフォーマンスの約24%(米国は13%のみ)を占めているこの国では、IIoT(工業用モノのインターネット)およびセンサ駆動分析が製造業に革命をもたらす可能性が早いということもわかっています。今必要なのはそれを実現することです。そして2020年までにドイツがインダストリー4.0のアプリケーションに年間400億ユーロを投資する見込みということからも、Audi、Daimler、Bosch、Siemens、Bayerなどの産業大手が、精密で高品質な製造におけるドイツの首位を維持する道を切り開いていることがわかります。

最初の産業革命は、主に蒸気機関と水車の形で機械化と動力をもたらしました。 2つ目は大量生産で、組み立てラインに基づき電気で動いていました。 3つ目は、コンピュータとインターネットを通じて自動化とデジタル化をもたらしました。私たちは今、製造プロセスにIIoTを導入したことにより、第4次産業革命に突入しています。ドイツではインダストリー4.0が、IIoT、ビッグデータ、および機械学習によってスマートな相互接続性をもたらし、タスクの繰り返しだったものからバリューチェーンの最適化、自己診断に至るまでに拡張しています。また、事前に定義されたルールに従うのではなく、そのプロセス内で臨機応変に対応できるようになります。

インダストリー4.0の世界では、製造業者が手動のそれぞれの操作から、完全に相互接続されたインテリジェントなプロセス、製品、サービスに移行するにつれて、スマートインターネット接続システム等を形成します。スマートファクトリーを例に挙げると、今後ファクトリーが機械間通信と自律コンピューティングを統合し自立した状態となり、最終的には製造プロセスのより良い制御などを可能にするための自己学習機械を作成することができます。

機械やセンサーによって生成されるデータ量の驚異的な増加を特徴とする、この製造業のデジタル化の次の段階は、クラウドベースの処理による高速データ取得やリアルタイム分析のための強化された計算能力および機能となるでしょう。製造現場では、業界標準だったレガシーデータベースソリューションが対処するのに苦労していた、1秒あたり何百万ものセンサー測定値を今では簡単に生成することに成功しています。

データ量が増え、データの圧縮とローカル処理がより重要になるにつれて、リアルタイム分析も最先端に近づき、より正確なツールに近づいています。このようにして、製造業者はセンサーで障害を識別して対処しながら、同時にそれらを取り巻くノイズの多いデータを除去し、統合された、企業規模の分析を行うことができるでしょう。

スマートファクトリー環境が24時間365日稼働するためには、意思決定支援が必要不可欠です。したがって、オペレータが品質を維持しようとデータやシステムの正確さに頼るのに、機器の状態の監視をリアルタイムで行わなければいけません。複数のマシンにまたがって運用データを効率的に監視する機能を持つことで、情報に基づいた意思決定、予測保守の向上、およびダウンタイムの最小化が実現します。

機械学習と予測分析により、企業はリアルタイム生産のための迅速で正しい決定を下すことができます。これまでは機械は静的で事前に定義されたルールを元に線形ベースの決定を下していました。しかし機械学習は機械が過去の出来事と歴史的なデータに基づいてより複雑な決定をすることを可能にします。この技術が進化するにつれて、機械は自身の効率を監視し、故障を予測し、予防保全を計画することにますます優れていくでしょう。

ドイツ経済がその優位性を確保するためには、多くの懸念があります。Fraunhofer IAOとBITKOMによる最近の調査によると、インダストリー4.0は2025年までにドイツの化学工学、自動車、機械工学、ITおよび通信、電気工学、農業の6分野で約790億ユーロの成長が見込まれているそうです。この成長による平均追加総額は、年間1.7%にもなる可能性があります。

これらを実現するには、大規模なデータセットを分析し、異なる種類のレガシーシステムをマシンデータとインテリジェントな方法で相互接続することが必要不可欠でしょう。製造会社の従来のオペレーションからのIIoTストリーミングと履歴データが、Kxのようなビッグデータ分析ツールのニーズを生み出しています。今日のスマートファクトリーでは、Kxの高性能データベースプラットフォームkdb +がビジネスインテリジェンスツールを構築するのに非常に貴重であることがわかっています。

今日のドイツおよび世界中の産業革命は、製造業者が製造環境を完全に管理することをイメージしています。 Kxは、ダウンタイムを最小化し、スループットを最大化するために、障害の特定、潜在的な障害の予測、およびメンテナンスの計画を容易にすることで、このプロセスを促進しています。 Kxソフトウェアの比類のない速度と事実上無制限のスケーラビリティは、製造元にIndustrie 4.0の約束を達成するために必要なツールを提供するでしょう。

元記事はこちら:https://kx.com/blog/kx-insights-germany-leading-the-world-in-manufacturing-iiot/

Kx Insights:ドイツがIIoT製造業で世界をリード 世界のIoTに関するレポート公開中