日本がビジョンを実現する立役者としてブラックベリーが日本で加速する:2020年までに自動運転車

日本がビジョンを実現する立役者としてブラックベリーが日本で加速する:2020年までに自動運転車 – 記事

日本は、特に自動車産業において、設計、エンジニアリング、製造において優秀なことで世界的に有名です。1960年代以来、自動車製造におけるトップ3カ国の中に常に存在していました – 2017年にはおよそ850万台もの自動車を製造し、トヨタ、ホンダ、日産、スズキ、マツダ、三菱とスバルといった多くのブランドが自動車愛好家や家族によって世界中で運転されています。

今日の運輸業界は、携帯電話業界が2000年代半ばに直面したように、大きな変化と混乱の危機に瀕しています。これに関してはBlackBerryを信頼しましょう。私たちはここにいます。

日本のBlackBerryパートナー

日本はBlackBerryにとって非常に重要な市場です。東京と名古屋の現地エンジニア、セールス、マーケティング、技術チームにサポートされたCerticom技術とBlackBerry QNXという強い遺産がこの国にはあります。東京に本拠を置く当社のエンタープライズソリューションチームは、日本の政府、銀行、製造業、保険などの業界を、専門と安全なソフトウェアでサポートし、企業データの保護と柔軟な作業を可能にします。

10月25日、私たちは毎年恒例のBlackBerry Tech Forumを東京で開催しました。そこには何百人もの顧客、パートナー、そしてメディアが参加しました。

フォーラム期間中に、ルネサスとのグローバルパートナーシップを拡大するということと、グローバルネットワーク(Hitachi ULSIおよびISB Corporation)に新しい付加価値インテグレータパートナーを追加するということを発表しました。 これにより、デンソー、フジソフト、日立インダストリアル&コントロールを含む、すでに健在の日本のパートナーエコシステムが拡張されます。ここでもいくつかの記事を紹介しています。

  • モノリスト:「次世代自動車の原動力はソフトウェア」BlackBerryはQNXの利点を強調
  • 日刊工業新聞:ルネサスが車載用半導体向けBlackBerryの仮想化技術を採用

今のところ、自動運転車や自律走行車にはかなりの「騒音」があります。 2020年、日本でのオリンピックでは、AIハードウェアとソフトウェア技術においてNvidia等の会社とのパートナーシップを持つトヨタなどの企業は、世界に自動運転車を展示するためのプラットフォームとしてオリンピックを利用するでしょう。

この記事で述べているように、トヨタは「自動」車という用語を好みます – 自動車を運転手の代わりにではなく「パートナー」として見るのです。また、高齢者や身体障害者など、自分では運転できない人のための自律運転を強調しています。これは日本のような高齢化社会にとって重要です。

あらゆる分野で、日本はテクノロジーが人々を助ける幅広いイニシアチブを見ています。これに関して、私たちは私たちの会社のビジョンとの多くの相乗効果を感じています。それは社会に影響を与えるものを構築するということです。この国はコネクテッド交通の最先端にありますが、ドイツやアメリカなど、他の有名な自動車製造市場と同様に、安全性とセキュリティの設計も最前線にある必要があります。

では、「自動運転」自動車に注目が集まっているため、重要な「信号」が「騒音」の背後に隠されていると考えられます。つまり、次世代の自動車アーキテクチャへの移行の原動力はソフトウェアとなるでしょう。自動車がソフトウェア主導でソフトウェア定義になるにつれて、この市場拡大を支えるために安全で信頼できる車載ソフトウェアが必要になります。あなたの車とその中にいる人を危険から守るために誰を信頼しますか?

BlackBerryとそのパートナーへの道

自律走行車とコネクテッド自動車の成長は、今後15年から20年の間に急上昇すると予測されています。そのかなりの部分がアジア太平洋地域、次に北米とヨーロッパから来るでしょう。

コネクテッド交通は複雑であり、かつてないほどの課題がありますが、その機会は無限大です。技術、専門知識、そしてこれまでに学んだ教訓を組み合わせて改良することで、BlackBerryは業界を新たに牽引しながら、何百万人もの人々に安全なコネクテッド交通を提供できるよう全力を尽くします。

これが現実になるまで、私たちは減速しません。必ず2020年夏季オリンピックに、日本がその先進的な交通機関の革新と世界への優秀さを紹介するための立役者となることでしょう。

BlackBerryは、2019年1月8日から11日までラスベガスで開催されるConsumer Electronics Show(CES)に出展します。最新の自動車技術とソフトウェアが展示されるブース#7523(LVCC North Hall)にご来店ください。

元記事はこちら:http://blogs.blackberry.com/2019/01/blackberry-accelerates-in-japan-to-help-the-country-realize-its-vision-self-driving-cars-on-the-road-by-2020/