Industry 4.0:企業が力を合わせて

Industry 4.0:企業が力を合わせて – 記事

今年のハノーバーメッセ展示会はすべてデジタル化に関するものです。 ドイツ企業は賢い戦略で仕事の可能性を高めています

ドイツ

デジタル双子、人間とロボットのコラボレーション、インテリジェント工場:これらは2018年ハノーバーメッセ展示会の魅力的なトピックです。 すべてがデジタルネットワークを中心に展開しています。 ドイツ企業はどのように課題に取り組んでいるのでしょうか? 新技術に関して多くの疑問が投げかけられています。 この記事では、産業発展の第4段階に関する重要なQ&Aを紹介していけたらと思います。

Industry 4.0とはどういう意味ですか?

蒸気機関、大量生産、自動化の後に来た、デジタル化が4番目の産業革命と見られています。 それは製造、生産、物流および管理を根本的に変えていくでしょう。

ドイツ企業はインダストリー4.0の課題にどのように対処しているのですか?

製造、航空、物流、ソフトウェア開発など、多くのドイツ大手企業がデジタル化のためのカスタマイズ技術を開発しています。機械エンジニアも、機械をさらにインテリジェントに改良しています。いくつかの会社がノウハウと市場支配力を合弁事業で束ねることによってさらなる強みを作っています。ADAMOSを例に挙げましょう。 2017年に、DMG Mori、Dürr、Zeiss、Homag、SchenckなどがSoftware AGと提携し、インダストリー4.0およびインダストリアルIoT(IIoT)に対する戦略的な提携を結びました。彼らは現在、オープンIIoTプラットフォーム上で、さまざまな産業分野のネットワーク生産技術を提供することに成功しています。

プロバイダはどのような目的を追求しているのですか?

現時点ではまだ様々なアプローチやインターフェースがあるため、多くの場合、合弁事業のパートナーは、アイデアや意見を交換し合い基準を確立したいと考えています。このため、特に小規模企業やサプライヤにとって、変革の管理は困難になることが予想されます。顧客の注文ごとに異なるテクノロジーを購入し、新しいソフトウェアを使用するように従業員をトレーニングする必要などが出てくるでしょう。したがって、それはあなた自身の考えに基づいてデジタル変換を管理するだけでなく、市場のニーズに従っても管理していかなければならないようになるのです。

インダストリー4.0に関してジョイントベンチャーはどのような利点がありますか?

まず第一に、最適化、監視、そして柔軟性が必要となります。その上で理想的には、機械の停止時間、エラー率、および人件費が削減されることです。それらはコストを節約してくれます。物流では、納期が最適化され、保管スペースが調整されます。管理は自動化されているため、それほど複雑ではならなくなります。消費者にとっての利点は、家具や衣服などの特定の産業分野で、カスタマイズ生産が手頃な価格になることでしょう。

デジタル変換は成功するでしょうか?

リスクはかなり大きいです。デジタル化は産業界から多くの投資を必要とします。つまり、新しい機械やロボットそしてプログラムを開発し、製造、生産、管理そして物流にデジタル技術を統合しなければならないのです。また、データのプライバシーに対する厳しい要求もあります。社会的に受け入れられる方法で第4次産業革命を組織することもまた挑戦になるだろうと思われます。

元記事はこちら:https://www.deutschland.de/en/topic/business/industry-40-german-companies-are-bundling-their-know-how