成長する5G固定無線アクセス市場 – 人口統計学別、アプリケーション別、地域別の2026年までの世界予測

成長する5G固定無線アクセス市場 – 人口統計学別、アプリケーション別、地域別の2026年までの世界予測 – 記事

5G固定無線アクセス市場
5G固定無線アクセス市場は、2019年の3億9600万ドルから2026年には463億6600万ドルへと拡大し、2019年から2026年にかけて97.47%のCAGRを達成する見込みです。5G固定無線アクセス市場の成長を牽引している主な要因には、高速インターネット接続と、待ち時間と消費電力の低減を伴う広いネットワーク範囲の需要の拡大、Machine-to-Machine(M2M)/ Internet of Things (IoT)、5G FWAのミリ波などの先進技術の導入の増加が含まれます。ただし、スペクトル割り当ての標準化に関連する決定の遅れ、インフラコストの高さ、環境への悪影響などの要因が、この市場の成長を制限すると予想されます。

2019年に提供されるものの中で大幅に成長するサービスセグメント
5G FWAサービスは、テレコム業界において大きな変化をもたらすでしょう。これらのサービスは、2019年に米国、英国、ドイツ、日本などのいくつかの国で商品化される予定です。すでに2018年10月に、Verizonは米国の4つの主要都市、ヒューストン、インディアナポリス、ロサンゼルス、サクラメントで5G FWAサービスを開始しました。Verizonは月額70ドル(既存のVerizonの顧客の場合は月額50ドル)の支払いの前に、3ヶ月の無料試用期間とデータ上限なしの約束を提供しています。これらの顧客には、インストール時に無料のApple TV 4KまたはGoogle Chromecast Ultraデバイスも提供されます。

2026年までに5G固定無線アクセス市場の最大シェアを占める準都市地域
準都市部では、人口密度はまばらで、電話局から離れています。有線インフラストラクチャを介して加入者をネットワークに接続するには、非常に高い投資が必要です。

大電力送受信および高度なアンテナ技術を用いて、無線リンクは大きな工事をすることなく、地方の郊外地域に効果的に到達することができます(すなわち、基地局および顧客宅内機器のみを設置する必要があります)。

住宅用アプリケーションは、5G固定ワイヤレスアクセス市場に大きく貢献しています
現在、5G FWA市場のすべての主要ベンダーの焦点は住宅顧客をターゲットにすることであり、5G FWA市場全体の4分の3以上が住宅ユーザーによって占められている可能性があります。例えば、Mimosaは2017年2月に、Mimosaの独自のSpectrum Reuse Synchronization(SRS)技術を採用した、Urban MicroPoPおよび地方のGigaPoPと呼ばれる固定ワイヤレスインターネットアーキテクチャを開始しました。

北アメリカは予測期間中に最大の成長を遂げる
北米は、R&D、ネットワーク設計/導入、および主要企業の存在という点で、5Gの主要市場の1つです。北米では、米国が最もエンゲージされているユーザーベースを抱えていると考えられます。

北米での本格的な5G実装は、オンデマンドビデオサービスを拡大すると予想されます。現在のシナリオでは、そのようなサービスの市場は継続的に成長しています。

この地域での5Gネットワークの急増は、主に主要なマーケットプレーヤーの存在により増加しています。例えば、クアルコムテクノロジーズ(米国)、ミモザネットワーク社(米国)、コヒーテクノロジーズ社(米国)、セルラーサウス社(Cスパイア)(米国)、テラス社(カナダ)、米国セルラ社 (米国)、AT&T Inc.(米国)、Verizon Communications Inc.(米国)、Cisco(米国)は、5G FWAソリューションの開発に積極的に参加している5G市場の数少ない大手企業です。

二次調査を通じて収集されたいくつかのセグメントおよびサブセグメントの市場規模を決定および検証する過程で、5G固定無線アクセス市場の主要な業界専門家と広範囲にわたる一次面接が行われました。 レポートの主要参加者の詳細は以下のとおりです。

  • 会社の種類別:Tier 1 – 59%, Tier 2 – 21%, and Tier 3 – 20%
  • 役職別:経営幹部レベル – 55%、マネージャー – 45%
  • 地域別:北米 – 42%、ヨーロッパ – 33%、アジア太平洋地域 – 17%、その他の地域 – 8%

クアルコムテクノロジーズ(米国)、ノキアコーポレーション(フィンランド)、サムスン電子(韓国)、ファーウェイ(中国)、エリクソン(スウェーデン)、ミモザネットワークス(米国)、コヘアテクノロジーズ(米国)、シクルコミュニケーション(Siklu Communication)、 Ltd.(イスラエル)、AT&T Inc.(米国)、Verizon Communications Inc.(米国)、Cisco(米国)、Arqiva(Hampshire)、Cellular South、Inc.(C Spire)(米国)、Orange SA(フランス)、 米国Cellular Corporation(米国)、TELUS Corporation(カナダ)、Telefónica(スペイン)、Mobile Telephone Networks(MTN)(南アフリカ)、Swisscom(スイス)、およびHrvatski Telekom(クロアチア)が5G固定無線アクセス市場における数少ない主要企業です。

調査範囲:
この調査レポートは、オファリング、人口統計、アプリケーション、および地理に基づいて、グローバル5G固定ワイヤレスアクセス市場を分類しています。レポートは、2026年までの5G固定ワイヤレスアクセス市場に関連する主な要因、制約、課題、および機会について説明し、予測しています。

このレポートは、この市場のリーダー/新規参入者を次のように助けます。

  1. このレポートは5G固定ワイヤレスアクセス市場を包括的にセグメント化し、さまざまな地域にわたるすべてのサブセグメントについて最も近い市場規模の予測を提供します。
  2. このレポートは、利害関係者が市場の動向を理解するのに役立ち、市場に関連する主な要因、制約、課題、および機会に関する情報を提供します。
  3. このレポートは、関係者が最近のケーススタディとともに、5G固定ワイヤレスアクセス市場のバリューチェーンを理解するのに役立ちます。
  4. このレポートは、利害関係者が競合他社をよりよく理解し、事業における彼らの地位を向上させるためのより多くの洞察を得るのに役立ちます。 競合の展望セクションには、製品の発売、製品開発、研究開発活動、コラボレーションやパートナーシップなどの成長戦略が含まれます。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究方法
  3. 第3章 エグゼクティブサマリー
  4. 第4章 プレミアムインサイト
  5. 第5章 市場概要
  6. 第6章 提供別5G固定ワイヤレスアクセス市場
  7. 第7章 人口統計学による5G固定ワイヤレスアクセス市場
  8. 第8章 アプリケーション別5G固定ワイヤレスアクセス市場
  9. 第9章 地理分析
  10. 第10章 競合の展望
  11. 第11章 企業プロファイル
  12. 第12章 付録

レポート情報

レポート名 5G Fixed Wireless Access Market by Offering, Demography, Application And Region – Global Forecast to 2026
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2019年2月
金額 $5,650(本記事記事公開時点)
ページ数 169
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

19661

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。