ドイツでの自動化は仕事のコストをかけない

ドイツでの自動化は仕事のコストをかけない – 記事

欧州経済研究センター(ZEW)の新しいレポートによると、自動化技術はドイツで仕事を奪うよりも多くの雇用を生み出しています。

分析や人工知能AI)などの標準的な自動化技術を含む最近のデジタル技術への投資では、2011年から2016年の間にドイツ企業の雇用レベルが1%増加し、年間0.2%上昇しました。

同調査によると、2011年から2014年の間のドイツにおける雇用の総伸びは8.5%に達したのに対し、新技術による成長は比較的小さいとのことでした。しかし、2016年から2022年までの間に計画されたテクノロジーへの企業投資は、国内の総雇用を1.8%増加させます。これは、年間0.4%弱の年間増加に相当します。

調査によると、自動化の影響は「わずかに肯定的」であり、雇用の増加と人件費の低下が見込まれます。 ZEWのリサーチ部門の責任者を務めるMelanie Arntz氏は、次のように述べています。

「これまでにもこれらのテクノロジーが、雇用縮小に影響を与えていますが、実はそれ以上の雇用も生み出しているのです。それゆえ、全体的な雇用効果はプラスになるでしょう」

ドイツ企業の約半数がすでに、インダストリー4.0の特徴的な技術を使用しています。これらは伝統的な工業生産技術と新しいデジタル技術を組み合わせたものです。 ZEWによれば、現在デジタル技術は、製造プロセスのわずか5%、オフィスおよび通信機器の8%のみに留まっていますが、ドイツの産業においてますます重要な役割を果たしていくだろうとのことです。

調査によると、自動化が進むにつれて日常的な作業の重要性は減少し、ソフトウェアプログラミングなどの分析作業や、医療や歯科などの対話型作業は成長を続けているといわれています。 ZEWは、インダストリー4.0がもたらす「真の課題」は、新興労働市場に労働者を雇用することであると述べ、デジタル技術への投資の違いによるドイツ企業間の技術格差の拡大を警告しました。

「早い時期にデジタル技術に多くの投資を行った事業所は、依然として業界のリーダーとして存在していますが、遅れをとった人たちは著しく後退しています。この格差には適切な方法で取り組んでいく必要があります」

と Arntz氏は述べています。

同氏によると、デジタル技術への投資は賃金格差の拡大に起因するという。

「高賃金の職業と部門は、より高い雇用と賃金の上昇など新技術から最も利益を得ており、一方、低賃金の職業と部門はそれに下回る結果となっている」

ドイツ政府は、職業と部門の間を移動するために労働力を訓練することに集中すべきです。

「労働者の流動性は、成長分野でのスキル不足を減らし、労働市場の見通しが悪化している職業や分野を縮小するのに役立ちます」

とArntz氏は述べています。

これとは対照的に、PwCの調査部門Strategy&によるパラレルレポートによると、英国の製造業者はアジアや米国の企業に遅れを取っており、製造プロセスに未だAIを統合していません。

ヨーロッパでは、ブリュッセルの政府が人工知能ブロックチェーン、デジタルヘルスに関する加盟国間の共同作業を進めています。同時に、欧州委員会は、データのプライバシーとサイバーセキュリティ、そして最近ではAIブロックチェーンの進歩は、地域の行政機関や民間の資金源から新たな資金が発見されなければ何の役にも立たないと警告しました。

元記事はこちら:https://enterpriseiotinsights.com/20180416/channels/news/automation-doesnt-cost-jobs-says-report-tag40

世界のLTE&5G市場 – 2021年までのデータと予測 世界のIoTに関するレポート公開中