クラウドロボティクス市場:コンポーネント別、サービスモデル別、アプリケーション別、展開モデル別、エンドユーザー別、地域別の2022年までの世界予測

クラウドロボティクス市場:コンポーネント別、サービスモデル別、アプリケーション別、展開モデル別、エンドユーザー別、地域別の2022年までの世界予測 – 記事

クラウドテクノロジーの普及、ワイヤレステクノロジーの広範な使用、モノのインターネット(IoT)および人工知能AI)の導入の増加により、クラウドロボティクス市場の成長が促進されると予想されます。
世界のクラウドロボティクス市場は、予測期間中に28.1%の年平均成長率(CAGR)で、2017年の22億2000万ドルから2022年までに751億ドルまで成長すると予測されています。

クラウドテクノロジーの急増、ワイヤレステクノロジーの広範な使用、IoTの導入の増加、およびAIの進歩は、グローバルクラウドロボティクス市場の成長を牽引すると予想される要因の一部です。ただし、プライバシーとセキュリティの問題、および高い初期コストと研究開発費が市場の成長を妨げる可能性があります。

トレーニングおよび支援サービスは、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。
サービスセグメントでは、トレーニングおよびサポートサービスセグメントが予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。これらのサービスは、ハードウェアとソフトウェアから最大の利益を求める顧客のニーズを満たす幅広いサービスを提供するように設計されています。これらのサービスは、ロボットメーカーとインテグレーターがクラウドロボティクスソリューションを首尾よく実装するのを支援します。

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)セグメントは、予測期間中に最も急成長すると予想されます。
サービスモデルでは、予測期間中にPaaSセグメントのCAGRが最も高くなると予想されます。これは、ハードウェアとソフトウェアのインフラストラクチャを保守および更新する手間をかけずに、企業がソフトウェアとツールを開発、実行、管理できるようにするためです。その規模の単純さ、スケーラビリティ、および信頼性のために、あらゆる規模の企業がグローバルにPaasセグメントを採用しています。これに加えて、PaaSアプリケーションは容易なアップグレードなどの最新の機能を備えているので、高い適応率を示しています。

アジア太平洋地域(APAC)は予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。
アジア太平洋地域には、中国日本シンガポール韓国インドなどの新興国が含まれています。これらの経済圏の企業は、クラウドロボティクスソリューションとサービスを使用してビジネスプロセスを合理化しています。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。この地域にはクラウドロボティクスなどの先端技術を段階的に導入している製造部門が多数あるため、クラウドロボティクスベンダーに潜在的な成長機会を提供することが期待されています。一方、北米は2017年のクラウドロボティクス市場で最大の市場規模を持つと推定されています。

詳細なインタビューは、最高経営責任者(CEO)、マーケティングディレクター、イノベーションおよびテクノロジーディレクター、そしてクラウドロボティクス市場で活動しているさまざまな主要組織のエグゼクティブとの間で行われました。

主な参加者のプロファイルの内訳は以下のとおりです

  • 会社別:Tier 1 – 20%、Tier 2 – 45%、Tier 3 – 35%
  • 役職別:経営幹部レベル – 51%、管理職レベル – 43 %、その他 – 6%
  • 地域別:北米 – 41%、ヨーロッパ – 26%、APAC – 28%、その他の地域 – 5%

レポートでプロファイルされている主なクラウドロボティクスベンダーは次のとおりです。

  1. Amazon Robotics(アメリカ
  2. Googleアメリカ
  3. Huawei中国
  4. IBM(アメリカ)
  5. Microsoft(アメリカ)
  6. C2RO(カナダ
  7. CloudMinds(アメリカ)
  8. Hit Robot Group(アメリカ)
  9. V3 Smart Technologies(シンガポール
  10. Rapyuta Robotics(日本
  11. Ortelio(イギリス
  12. Tend (アメリカ)

調査対象
クラウドロボティクス市場は、コンポーネント(ソフトウェアとサービス)、サービスモデル、アプリケーション、デプロイメントモデル、エンドユーザー(業種別およびサードパーティユーザー)、地域に基づいて分類されています。主要な業界関係者の詳細な分析が行われ、事業の概要、製品とサービス、重要な戦略、新製品の発売に向けたパートナーシップ、契約、コラボレーション、拡張、世界的なクラウドロボティクス市場に関連する競合の展望についての洞察が得られました。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究の方法論
  3. 第3章 エグゼクティブサマリ
  4. 第4章 プレミアムインサイト
  5. 第5章 市場の概要と産業の動向
  6. 第6章 コンポーネント別クラウドロボティクス市場
  7. 第7章 サービスモデル別クラウドロボティクス市場
  8. 第8章 アプリケーション別クラウドロボティクス市場
  9. 第9章 展開モデル別クラウドロボティクス市場
  10. 第10章 エンドユーザー別クラウドロボティクス市場
  11. 第11章 地域別クラウドロボティクス市場
  12. 第12章 競合の展望
  13. 第13章 企業プロファイル
  14. 第14章 付録

レポート情報

レポート名 Cloud Robotics Market by Component, Service Model, Application, Deployment Model, End-User And Region – Global Forecast to 2022
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年2月
金額 $5,650(本記事記事公開時点)
ページ数 124
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

  • ロボティクスとオートメーション市場。アプリケーション別、サービス別、コンポーネント別の世界的および地域的予測
    https://mono-watch.com/19406/

  • 接続された製造技術コンバージェンス:クラウドロボティクス、IIoT、3D印刷、バーチャルツイン2018~2023
    https://mono-watch.com/16412/

  • 産業オートメーションにおけるロボティクスとIIoT。2018〜2023年のテクノロジー、企業、戦略、ユースケースについての世界・地域予測
    https://mono-watch.com/18013/

19554

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

クラウドロボティクス市場:コンポーネント別、サービスモデル別、アプリケーション別、展開モデル別、エンドユーザー別、地域別... 世界のIoTに関するレポート公開中