フィリピンと日本のスマートシティ開発パートナー

フィリピンと日本のスマートシティ開発パートナー – 記事

フィリピンのルソン島中央部におけるニュークラークシティ(NCC)の発展における日本の重要な役割が、財務省(DOF)長官によって言及されました。
最近の報告によると、NCCは将来に備えて新たな大都市となり、「最も先を見越した産業と技術によって推進される」とのことです。
長官によると、フィリピンと日本の企業の協力を通じて、ニュークラークシティは現実のものとなり、政府が想像していたよりもさらに発展する可能性があるとのことです。

建設されている新しい都市は、政府によって育まれ、国が自信を持って未来に向かい邁進することを目的としたダイナミックな都心のアイコンとなるでしょう。
それは技術革新を促進し、活気に満ちた持続可能なコミュニティを築くために新しい技術を利用するといった、国が持つ能力を強調するでしょう。
さらにそれは、国際的なパートナーシップが成し遂げることができる大きな進歩を証明するでしょう。

2018年11月21日、パサイ市で「日本との新しいクラークシティ:質の高いインフラを備えたスマートシティの創造」と題するフィリピン – 日本セミナーが開催されました。

このイベントは、フィリピンと日本の新たなビジネスパートナーシップの促進、ならびにNCCの発展におけるスマートシティソリューションの紹介を目的としていました。
それは、市の開発を監督している基地転換開発局(BCDA)と協力して、日本貿易振興機構(JETRO)によって組織されました。
報告によれば、和泉特別顧問は、フィリピンと日本の関係は緊密で友好的であり、都市開発イニシアチブに焦点を当てていると述べたそうです。
フィリピンを含むASEAN諸国は急速な経済成長を遂げており、今や都市の問題や日本が以前経験した問題に直面しています。
和泉氏は、フィリピンが学ぶべき日本の都市のいくつかの強みを強調しました。
日本の都市にはトランジット志向開発というものがあり、これは鉄道事業をオフィス、住居、商業センターのような他の開発地域に統合することです。
日本の都市はスマートシティです。そこには、移動性、自然、安全性、セキュリティ、資源循環、再生可能エネルギーの使用など、さまざまな要素が組み込まれています。

視覚化されているニュークラークシティは、単なる町ではありません。それは農産業活動の中心地であり、また、最先端の技術と物流会社の本拠地となるでしょう。
さらに、市は設備の整ったバックアップ政府センターと世界クラスのスポーツ施設を開催する予定です。
NCCの開発と並行して、スービックとマニラに向かう鉄道の建設、ならびにクラーク国際空港(CIA)の拡大があります。
クラーク国際空港は年間推定800万人の乗客を収容するために新しいワールドクラスのターミナルビルを手に入れる予定です。
これは、パラニャック市のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の混雑緩和に役立つでしょう。