世界経済フォーラムと第4の産業革命

世界経済フォーラムと第4の産業革命 – 記事

近年、保護主義の台頭が顕著になってきていますが、国家の方向性に関係なく産業のデジタル化は益々促進されています。テクノロジーの進化が、私たちを第4の産業革命へと駆り立てています。第4の産業革命を一言で表せば、『物理的な分野、デジタルの分野、および生物学的な分野の境界線を曖昧なものにするテクノロジーの融合』といえるでしょう。
今年のダボス会議でも、多くのスピーカーが第4の産業革命とそれが世界経済に与えるインパクトについて言及しました。
このうちのいくつかを紹介しましょう:
Satya Nadella, Microsoft CEO(サティア・ナデラ、マイクロソフトCEO):すべての小売業、医療分野の企業はデータについて考慮する必要があります。(このような時代に)プライバシーは人権として考えるべきです。

Daniel Zhang, Alibaba CEO(ダニエル・チャン、アリババCEO):失敗をすることを恐れてはいけない。すべては、“どうやって試すことができるのだろうか?どうすれば正解を見つけることができるのだろうか?”と探ることなのです。
Daniel Shulman, PayPal CEO(ダニエル・シュルマン、ペイパルCEO):私たちには、ステップアップする、という責任があります。私たちCEOにとって大切なのは、自分たちの会社が、自分たちが暮らすコミュニティの一員だということを真剣に考えることです。自分たちがこのコミュニティの一員となった時に、コミュニティも又私たちの一部となったのです。

今回のダボス会議では、第4の産業革命による働き方の変革に焦点を当てた、フォーラムが開催されました。経済の中核を担う人々が語る、変化に生き残ることができる未来の人材/働き方を紹介します。

変化に生き残ることができる未来の人材/働き方

1. 自分よりもスマートな人を雇うのが賢い経営者

これは、アリババのエグゼクティブ・チェアマン、Jack Ma(ジャック・マー)が人を雇う際に実践していることです。マーは、アリババを始める前は20年間教師であった経験が大きく影響を与えていると語ります。「教師の使命は、生徒たちを自分よりも優れた人間になるよう手助けすることです。自分の一番のルールは、人々が私よりも優れた人間になれるよう手助けすることです。」

2. ニューカラー・ワーカー

IBM(アイ・ビー・エム)CEO、Ginni Remetty(ジニ・ロメッティ)は、製造業での自動化が進めば進むほど、スキル・ギャップが進行し、仕事の不安定さへの懸念が現実のものになるだろうと語ります。
「スキル・クライシス、という話をするが、仕事のすべてが変わると信じています」
しかし、これは解決できない課題ではないとRemettyは考えています。必要とされるのは、新しい教育と仕事のキャリアのモデルです。今後必要になるのは、ブルー・カラーでもホワイト・カラーでもない、ニューカラーです。
これは、スキル開発に投資し、変化するスキルの状況にリアルタイムで対応することを意味します。それはまた、4年以上の大学卒の学位を持つ人たちを募集する、という伝統的なモデルからの解放を意味します。
「我々企業側は、この問題を解決して、スキルとの橋渡なければならないと熱意を持っています。」と語ります。

3. 女性をテクニカル部門で活用することがマシーンラーニングをより効果的にする
LinkedIn(リンクドイン)の共同創業者でありバイスプレジデントを務めるAllen Blue(アラン・ブルー)AIとマシーンラーニングがすべてのテクノロジー構築の基礎となっていることを認識しています。
彼は、テクノロジーをデザインし構築する際には“正しい方法”行わなければならない、と述べます。これには、今までほとんどのアルゴリズムが“白人男性”によって構築されたことへの揶揄が含まれています。Blueは、テクノロジーは職場のフレキシビリティをサポートすると論じ、オンラインやビデオベースの学習を可能にしている、と述べます。
テクノロジーにより、人々のライフ・ワーク・バランスを健全なものにすることができるのです。

4. 若年層と失業者へのトレーニングの重要性

フランスの労働大臣Muriel Pénicaud(ミュリエル・ぺニコウ)は、労働者自身が自分が学びたいことの為に500ユーロを支給するリ・スキルプログラムについて語ります。
「フランスでは現在多くの市民が、自分たちはグローバリゼーションとテクノロジーの被害者だと感じています。自分が変化のかじ取りをしている以外の時には、“変化”はいつでも“脅威”となるのです。誰もが、自分の未来を選択できることはとても大切です。」と述べます。

日本でも働き方改革は大きな課題となっています。
労働力人口人口の減少に伴い、AI、自動化を望む声がある一方、単純労働に従事している層からは、将来への不安の声が上がっています。

≪参考資料≫
https://www.dailyfx.com/forex/market_alert/2019/01/25/Davos-2019-Multilateralism-Fourth-Industrial-Revolution-Debated.html
https://www.weforum.org/agenda/2019/01/future-of-work-tk-top-trends-from-davos/