5Gが未来のスマートファクトリーを動かす5つの方法

5Gが未来のスマートファクトリーを動かす5つの方法 – 記事

接続性における次の革命は近付いています。その中でも 最も利益をもたらす製造資産は以下の通りです。
インダストリー4.0とも呼ばれる4番目の産業革命は、スマートファクトリーを含むデジタル変革−計算能力と機械およびセンサー技術を融合させること−を推進しています。そして5G、第5世代のモバイルネットワークは、この変革をさらに進めることでしょう。 5Gはより速いスピード、より短い待ち時間、広い帯域幅とエッジコンピューティング能力をもたらすでしょう。

これまでにないレベルの機械学習とAI、5Gにより、より機動的で完全に接続され自動化された設計から製造までの製造経験を想像してみてください。

4Gはモバイルデバイスでのストリーミングビデオなどのブロードバンドスピードを向上させましたが、5Gは世界中に接続されたデバイスの流入を処理することができます。

AT&Tは、2018年末までにモバイル5Gテクノロジーを世界各地で導入する予定です。このことを念頭に置いて、5Gが将来のスマートファクトリーのパワーを高めるために役立つと思われる5つの方法について説明していきましょう。

大規模産業用IoT

(IDC)iによる最近の調査によると、製造業と運輸業は他の産業よりも多くの支出を出しています。そして製造業は2022年まで他のどの産業より多くIoTに費用を費やすでしょう。

大量のデータと情報を管理するために、これらの企業は5Gの容量と速度が必要になります。調達から流通まで、5Gは単一のネットワークを介してより多くのセンサー、デバイス、および資産を接続できるようになり、サプライチェーンへの可視性が向上します。これらの接続機器の可能性はほぼ無限です。たとえば、これら接続されたデバイスは、物流における盗難や品質の問題を防止するだけでなく、フロアでの予防保守と運用効率の向上にも役立ちます。

ロボット工学

5Gは、最終的にロボット工学の能力を発揮するのを手助けする存在となるでしょう。 5Gはエッジコンピューティング機能を使用するため、データはソースの近くに配置されます。これと5Gの高速性と広帯域幅を組み合わせることで、小型で安価で制限のないロボットの開発が開始されます。

自動車製造業は、すでに困難で危険な作業をするために、コボット、つまり共同ロボットを使用しています。 5Gは最終的にこれらのロボットをさらに改善させ、変化に順応し決定をより速くします。

最終的には、より多くの種類のより小型でより協調的なロボットがフロアに登場するでしょう。これらのロボットは同僚を助けるだけでなく、生産を最適化するのにも役立つでしょう。

柔軟なネットワーキング

5Gは、製造会社がより柔軟にニーズに基づいてネットワークを調整できるようにします。オンプレミスのエッジコンピューティング機能により、機密データをローカルで制御できます。さらに、それらはネットワークスライスによって単一の物理ネットワークに分離することができます。

ネットワーク機能仮想化(NFV)およびソフトウェア定義型ネットワーキング(SDN)と組み合わされたこれらの機能は、理想的なパフォーマンスを得るために製造元がネットワークを最適化するための重要な要素となります。

拡張現実感とバーチャルリアリティ

製造会社はすでに拡張現実感を使用しています。しかし、それらを実行するのに必要な広い帯域幅の技術には十分に投資していません。技術を使用するには、従業員もネットワークに接続する必要があります。

5Gを使用すると、従業員は製造現場のどこでもテクノロジーを使用して作業できるようになります。彼らはそれをトレーニング、メンテナンス機械、データの視覚化と設計のような活動のために使うことができるでしょう。帯域幅が広くなれば、AR / VR接続が失われたり、テクノロジーが接続を競合したりする可能性が少なくなります。すべての従業員がARヘッドセットを持っていると想像してみてください。これにより、機械に触れることなく製造を調整できます。

AIと機械学習

AIはスマートファクトリーの重要な機能になると思われますが、効率的に機能するためには、大量のリアルタイムの高品質データにアクセスする必要があります。 5Gの大規模なIoT接続と速いスピードは、エッジコンピューティング能力と相まって、最終的にAIが数々の過ちから素早く「学ぶ」ことを可能にし、よりスマートで、より速く、より信頼性の高い決定を下すでしょう。

現在、AIは反復作業を完了することのみで使用されていますが、最終的には、AIを使用して製造現場を管理することができます。しかし、それは機械の制御には使用されず、サプライチェーン内の問題を予測し、詐欺を防止し、生産機会を評価するためにも使用される可能性があります。

将来の5Gスマートファクトリーは、完全に連携したエクスペリエンスを中心にしています。大規模なデバイス接続性と革新的なテクノロジからほぼリアルタイムの自動化とネットワークの柔軟性まで、5Gはスマートファクトリに大きな進歩をもたらすのに役立ちます。製造業の企業は、このような大きな改善、運用効率、および安全性の向上を検討することができます。