成長するIoTミドルウェア市場。プラットフォームの種類別、組織の規模別、業界および地域別の2023年までの世界予測

成長するIoTミドルウェア市場。プラットフォームの種類別、組織の規模別、業界および地域別の2023年までの世界予測 – 記事

世界のIoTミドルウェア市場は予測期間中に23.0%のCAGRで成長する
世界のIoTミドルウェア市場は、2018年の69億米ドルから2023年までに195億米ドルに成長し、予測期間中の年平均成長率(CAGR)は23.0%となる見込みです。市場の主な成長要因には、運用テクノロジーとITの統合、集中監視の必要性の増大、クラウドの導入の増加、高度なネットワークテクノロジーの進化などがあります。ただし、レガシーシステムとの統合、統一されたIoT標準の欠如、相互運用性の欠如に関する問題が市場の成長を抑制する可能性があります。

予測期間中に最高のCAGRで成長するアプリケーション管理プラットフォームセグメント
アプリケーション管理プラットフォームは、カスタムまたはパッケージ化されたソフトウェア、およびネットワークで配信されるアプリケーションを維持、管理、強化するためのさまざまなアプリケーションサービスやプロセス、方法論を提供します。このプラットフォームは、梱包、配置、コンテナ化されたソフトウェア定義環境(SDE)など、さまざまなアプリケーションの管理を容易にするように設計されています。

アプリケーション管理プラットフォームは、アプリケーションのプロビジョニングを管理し、アプリケーションレベルのセキュリティサービスを確保するのに役立ちます。また、インテリジェントな製品の機能強化、市場の要求に対する動的な対応、コスト削減、最適なリソース使用、および無駄の削減を促進します。

さらに、アプリケーション管理プラットフォームは、アプリケーションホスティング、リモートデバイス管理、データ保存、監視、共有、管理、高度な分析機能など複数の機能を提供します。

アジア太平洋地域(APAC)は予測期間中に最高の成長率で成長する
APACは、予測された期間中に高度で動的な新技術の導入を目の当たりにし、最高のCAGRを記録することを期待しています。APACは、ITインフラストラクチャを活用する積極的な取り組みを行っています。

GSM協会によると、APACは2021年までに70億の接続が予想されるIoTサービスの最大の市場です。深圳、サムソン、日立などの多くのアクティブなIoT組織はAPACからのものです。

確かに、潜在的な市場規模と地域活動は、この地域でのIoTイニシアチブに焦点を当て、国際的な組織を魅了しています。たとえば中国では、IoTはさまざまな組織間で政府の強化と生産的な団体の両方から利益を得ています。

都市の人口が増加し、中産階級が拡大するにつれて、国の急速な経済成長と発展は新しい技術の採用を推進しています。

詳細なインタビューは、最高経営責任者(CEO)、マーケティングディレクター、その他のイノベーションおよびテクノロジーディレクター、そしてIoTミドルウェア市場で活動しているさまざまな主要組織のエグゼクティブとの間で行われました。

以下のリストは、主要回答者のプロファイルの詳細を示しています。

  • 企業タイプ別:Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
  • 役職別:経営幹部レベル:35%、管理職レベル:25%、その他:40%
  • 地域別:北米:45%、ヨーロッパ:20%、アジア太平洋地域:30%、その他の地域:5%

世界のIoTミドルウェア市場の主要ベンダーには、International Business Machines Corporation(IBM)、PTC Inc.(PTC)、SAP SE(SAP)、Oracle Corporation(オラクル)、Hitachi、Ltd.(日立)、General Electric Company(GE)、Amazon Web Services、Inc.(AWS)、Cisco Systems Inc.(シスコ)、Hewlett Packard Enterprise Company(HPE)、Salesforce.com, Inc.(Salesforce)、Bosch Group(Bosch)、Microsoft Corporation(マイクロソフト)、Siemens Group(Siemens)、Alphabet Inc. (Google)、 Schneider Electric Infrastructure Limited (Schneider)があります。

調査範囲:
レポートには、IoTミドルウェア市場の主要企業の詳細な競合分析と、その会社の概要、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。レポートは、プラットフォームの種類別、組織の種類別、業種別、地域別に世界のミドルウェア市場を区分しています。

レポートを購入するメリット:
このレポートは、IoTミドルウェア市場全体の収益数とサブセグメントの最も近い概算に関する情報とともに、IoTミドルウェア市場の市場リーダー/新規参入者を支援します。自社の事業をより適切に位置付け、適切な市場参入戦略を計画します。

それはまた、利害関係者が市場の動向を理解するのを助け、主要な市場牽引要因、抑制、課題、および機会に関する情報を提供します。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究方法
  3. 第3章 エグゼクティブサマリー
  4. 第4章 プレミアムインサイト
  5. 第5章 市場の概観および産業動向
  6. 第6章 プラットフォームの種類別IoTミドルウェア市場
  7. 第7章 組織の規模別IoTミドルウェア市場
  8. 第8章 業界別IoTミドルウェア市場
  9. 第9章 地域別IoTミドルウェア市場
  10. 第10章 競合の展望
  11. 第11章 企業プロファイル
  12. 第12章 付録

レポート情報

レポート名 IoT Middleware Market by Platform Type, Organization Size, Vertical And Region – Global Forecast to 2023
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2019年2月
金額 $7,150(本記事記事公開時点)
ページ数 118
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

19372

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。