Project Alias:スマートスピーカーのプライバシーを保護するオープンソースソリューション

Project Alias:スマートスピーカーのプライバシーを保護するオープンソースソリューション – 記事

Google HomeやAmazon Alexaなどのスマートホームスピーカーは世界中の家庭でますます利用されています。これらの装置は、質問に回答し、特定のデバイスを制御し、リマインダーを設定し、他のタスクを実行することができます。

スマートホームスピーカーは会話を録音します。ユーザーとやり取りしたときにのみ会話を録音するように構成されていますが、過去にはバグやその他の問題によりデバイスが本来あるべき量を超えて記録したり、意図せずに他人に転送されることがありました。

Project Aliasは、音声が録音されるべきではないときに、スマートホームスピーカーのマイクをブロックするためのオープンソースソリューションです。BjørnKarmann氏とTore Knudsen氏によって開発され、Raspberry Piと2つの小型スピーカー、マイクアレイの上に3Dプリントしたカバーが付属します。Project Aliasは、自分で構築する必要があります。デバイスの構築方法は、プロジェクトのGitHubページとInstructablesで公開されており、カバーの作成には3Dプリンターとはんだ付けの技術が必要です。

Project Aliasはホワイトノイズを発生させ、音声がスピーカーに届くのを妨げます。ユーザーが作成した有効化ワードを認識すると、ノイズを停止し、静かにスマートアシスタントを起動します。

有効化ワードの検出は、ローカルで実行される小さなニューラルネットワークを使って行います。ニューラルネットワークは実例を通して訓練し、修正することができます。付随のモバイルアプリは、Aliasのリセット、トレーニング、オン/オフを切り替えるコントローラとして機能します。また、音声コマンドをアシスタントのスピーカーに送信するようにプログラムすることもできます。これにより、ユーザーはAlexaのルーチンに似た機能を設定することができます。たとえば、Aliasのある単語は、スマートスピーカーに対していくつかの異なるコマンドを言うように促すことができます。

ソースコード、説明書、3Dプリンター対応ファイル、および回路図がすべてオンラインで公開されているので、Project Aliasは消費者に対して透明性を提供しています。Project Aliasは消費者の信頼を望み、消費者が自身のデータを保護することを望みます。

Raspberry Pi上でローカルに実行されるニューラルネットワークは、はるかに高いプライバシーを提供します。Project Aliasはローカルで実行されるため、クラウドを使用する必要はありません。Raspberry Piを使用すると、最大8GBのマイクロSDカードに加えて、最大512MBのRAMしか格納できないため、プライバシーの確保にも最適です。

参考リンク