【IoTおすすめ本】 CASE革命 2030年の自動車産業

【IoTおすすめ本】CASE革命 2030年の自動車産業 – 記事

C:接続、A:自動運転、S:シェアリング&サービス、E:電動化―GAFA、中国が狙う真のターゲット。クルマの価値を根本から変える戦いが始まった。各社、各国の戦略を人気アナリストが徹底解明する。

内容紹介

  • Connected=ネットワークに常時接続したつながるクルマ
  • Automomous=自動運転
  • Shared & Service=シェアリング&サービス
  • Electric=電動化

4つのキーワードが、クルマの価値を根本から変えようとしている。

■長く世界の製造業を牽引してきた自動車産業は、100年ぶりとも言える大きな岐路に立っている。「CASE」への対応が、自動車メーカーとそれに連なる部品サプライヤー、サービス企業の命運を握るとされ、各社は必死の対応に追われている。業界の外からは巨大IT企業が、そして世界最大の自動車市場を有する中国が、市場攻略をうかがっている。

■人工知能(AI)による自動運転などのニュースが毎日のように飛び交い、電動化したクルマが一般道を縦横に走る社会がすぐにでも到来するかのような夢をふりまく論者もいる。しかし、遠いと思われていた「未来社会」は、すぐそこまで来ているのだろうか。それは、どのようなプロセスで実現するのか。

■マイカーの完全自動運転を実現するには、技術的・社会的に高いハードルが待ち受けている。電気自動車(EV)に搭載する電池のコストは容易には下がらない。各種インフラの整備には相当の時間を要する。多くの困難を承知でEVに前のめりとなる欧州や中国の戦略の背後には何があるのか――。

■日本を代表する自動車アナリストが、グローバルな視点から、2030年を見据えたクルマと自動車産業のリアルな将来像と日本企業勝ち残りのためのソリューションを提示する。

目次

  1. 序 章: 自動車産業を襲う「CASE革命」
  2. 第1章: 「CASE革命」とは
  3. 第2章: 破壊者
  4. 第3章: クルマの価値とモビリティ構造の変化
  5. 第4章: コネクティッド
  6. 第5章: 自動運転
  7. 第6章: シェアリング&サービス
  8. 第7章: 電動化
  9. 第8章: 「CASE革命」を支える「ものづくり革新」
  10. 第9章: 2030年のモビリティ産業の覇者

書籍情報

書籍名 CASE革命 2030年の自動車産業
著者 記載なし
販売開始日 2018-11-21
金額 ¥1,836(本記事記事公開時点)
ページ数 320
出版社 日本経済新聞出版社

関連情報

  • AIシステムによって飛躍する自動車産業。自動車産業におけるAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの詳細な市場予測
    https://mono-watch.com/17643/

  • 【動画】ブラジルの自動車産業は第4次産業革命の一環としてロボット工学を取り入れています
    https://mono-watch.com/13820/

  • 5G技術により進歩する無人自動車 市場、標準化、技術を分析
    https://mono-watch.com/17809/

情報の更新: 2019年02月25日現在