IndyCarはシリーズタイトルの後援のために日本基盤のNTTと提携

IndyCarはシリーズタイトルの後援のために日本基盤のNTTと提携 – 記事

予測されていた通り、NTTは火曜日にIndyCarシリーズの新しいスポンサーに選ばれました。

火曜日にデトロイトのコボセンターで開催された北米国際自動車ショーで、長期にわたるスポンサーシップの発表が行われました。autoweekは、IndyCarのCEOであるMark Miles氏とIndyCarのJay Fry会長が11月末に日本のNTT関係者と会談した後、日本を拠点とするテクノロジー企業と合意に近づいたことを12月上旬に知りました。

発表の後、IndyCarのCEO、Mark氏は、

「11月末の東京での上級幹部との会談の終わりに、それが実現すると感じました」と語りました。「一緒に始めようと乗り出して、非常に詳細な計画シートから完全な契約へとつながりました」

「この計画はうまくいくと思いながら東京を離れました」

NTTは、世界最大の企業や企業の多くと関わる、広大な国際的テクノロジー企業です。

「この企業は、世界のFortune 500企業の80%を顧客としています」

とMiles氏は言います。

「ATTを購入してVerizonと統合したとしても、NTTほどの規模の会社は存在しないでしょう」

「彼らは日本を拠点としながら、世界中で活躍しています。国内外で数多くの会社を運営しています。日本に旅行して飛行機を降りて携帯電話の電源を入れると、ドコモと呼ばれるプロバイダに切り替わります。これはNTTが完全所有する会社です。この会社のVerizonやATTの店舗と同じように、日本にはDoCoMoの店舗があります」
「米国で最大の事業会社はNTTデータです。彼らは、非常に大規模で機能の広いITイノベーション企業です。彼らは私たちに素晴らしい技術をもたらすでしょう」

ドコモは日本の主要なワイヤレスプロバイダです。この名前は正式には「Do Communications over the mobile network」というフレーズの略語で、日本語の「どこでも」を意味する「ドコモ」という複合語からも由来しています。

IndyCarはさまざまな理由で消費者ブランドの上で企業間スポンサーと行き来しました。多くの消費企業にとって、投資収益率(ROI)には大きなプレッシャーがあります。企業間スポンサーシップ(B to B)を使用すると、スポンサーシップは潜在的なビジネスパートナーシップを結び付け、業界内で貴重なネットワークを構築する方法になります。

IndyCarシリーズのタイトルスポンサーになることに加えて、NTTは2019年からIndyCar、IndyCarシリーズ、Indianapolis Motor Speedway、Indianapolis 500、NASCARのBrickyard 400のオフィシャルテクノロジーパートナーとなります。

IndycarはNTTと提携して、ファン体験を向上させるデジタルイノベーションを提供します。これらのイノベーションには、IndyCarモバイルアプリケーションの進化と、レーシングシリーズへのより良い洞察を提供することでスポーツとその会場をサポートするNTT独自のSmart Platformが含まれます。

NTTの社長兼最高経営責任者(CEO)である澤田氏は、次のように述べています。

「技術革新はスポーツとファンの経験を劇的に変える可能性を秘めています。 NTTは、パートナーとともに、スマートシティ、スマートエンターテイメント、スマートモビリティ、スマートマニュファクチャリングのためにスマートワールドを活性化させることを目指しています。モバイルアプリケーション、アナリティクス、ユーザーの仕事など、長年の経験に基づいて経験を生かし、IndyCarがよりデジタル的な体験を通してレースを楽しむことを目指している次世代のファンを世界中で創造するのを助けるでしょう」

NTT IndyCarシリーズは、モータースポーツの中で最速で最も多様で挑戦的なレースプログラムとして、エキスパートによって認められているものを提供します。シリーズは、象徴的なインディアナポリスモータースピードウェイを含む恒久的なロードコース、一時的なストリートサーキット、ショートオーバル、スーパースピードウェイオーバルで競い合います。

「強力な技術パートナーを持つことは、IndyCarの継続的な成長にとって非常に重要ですので、私たちは新しいタイトルスポンサーとしてNTTを迎えることに大変興奮しています。IndyCarの人気の高まりは、スポーツを可能な限り利用しやすくしたことの証です」

NTTは、完全に統合されたテクノロジー、ネットワーキング、およびイノベーションサービスのリーダーであり、企業がデジタル変革の目標を超えるのを支援します。 Fortune 100企業の80%以上が、セキュリティの専門知識と、コンサルティング、クラウド、ネットワーキング、システム統合を含む世界クラスのサービスでNTTを信頼しています。研究開発への継続的な多額の投資により、AI、IoT、量子コンピューティングなどのデジタルおよび最先端技術への基盤が強化されます。

NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、ディメンションデータ、NTTセキュリティを含むNTT企業は、顧客および社会を一つとして奉仕するための新しく価値の高い方法を提供することにより、世界中で年間1,600億ドル以上の収益を生み出しています。

NTTのグローバルビジネス責任者、副社長の奥野氏は、次のように述べています。 「IndyCarレースは、2年前にチャンピオンシップを獲得した日本のドライバー、佐藤琢磨、Indy 500のおかげで日本市場でもより一般的になっています。日本では特別なテレビ番組がありました。私は個人的には、IndyCarや他のパートナーとの協力を通じて異なる何かを見られることを期待しています。そして、企業はIndyCarファンにワクワクするような何かをもたらしたいと思います」

2004年のIndyCarシリーズチャンピオンで2013年のIndianapolis 500受賞者であるTony氏は、NTT Ganassi RacingのNTTデータNo.10ホンダを3年間走らせました。 NTTデータは、引き続きチップガナッシが所有するチームのためにこのライドを支援します。

IndyCar当局者は、次回の大きな発表は5月26日に予定されている第103回インディアナポリス500のスポンサーとなることをAutoweekに語りました。