産業用オートメーションにおけるワイヤレスIoTソリューション。市場予測と傾向を分析

産業用オートメーションにおけるワイヤレスIoTソリューション。市場予測と傾向を分析 – 記事

ワイヤレステクノロジーは、スーパーバイザーレベルからコントロールフィールドレベルまで、オートメーションシステム全体で使用できるさまざまなデバイスに統合されています。これらのデバイスは、自動化機器とネットワーク機器の2つのセグメントに分けられます。オートメーション機器分野において、ワイヤレス通信機能を特徴とする量産品カテゴリーには、工業用センサーなどの計測器、センサー、アクチュエータ、機械に接続するワイヤレスI / Oとフィールド機器が含まれます。ネットワーク機器セグメントの重要な製品カテゴリーには、ワイヤレスアクセスポイント、ゲートウェイ、ルーター、およびスイッチがあります。

産業環境における無線ソリューションの導入は段階的なプロセスになることが多く、初期導入は通常、既存の有線ネットワークに接続された無線デバイスのクラスタを含みます。有線ネットワーキングソリューションは依然としてセンサ、コントローラ、システム間の産業用通信に主に使用されていますが、無線ソリューションは到達しにくい場所や危険な領域、可動機械部品、携帯機器などのワイヤ交換として広く使用されています。プロプライエタリの無線ソリューションは伝統的にこれらのユースケースをサポートするために使用されており、今日でも多くのアプリケーションで使用されています。Wi-Fi、802.15.4、Bluetoothなどの標準化されたワイヤレステクノロジーは、産業用アプリケーションにおける主要なワイヤレステクノロジーになるほどに進歩しています。

ネットワーク機器やオートメーション機器の両方を含む産業用オートメーションアプリケーション用のワイヤレスデバイスの年間出荷台数は、2018年に全世界で460万台に達し、新しい接続ノード全体の約6%を占めていると推定されています。16.3%の年平均成長率(CAGR)で成長し、年間出荷数は2023年に990万に達すると予測されています。産業用オートメーションアプリケーションにおけるワイヤレスデバイスのインストールベースは、2018年末の推定2,130万から、2023年までには5030万に拡大すると予測されています。

ワイヤレス計装などの自動化機器は、産業プロセス自動化のための完全なシステムの一部として、多くの大手自動化ベンダーによって提供されていますが、専門のプロバイダーによっても提供されています。エマソンは、2008年にWirelessHART製品を販売した最初の会社であり、今日では無線計測機器の最大のプロバイダーです。同社は、世界中に42,000を超えるワイヤレスネットワークを設置しており、さまざまなプロセス業界の主要企業にサービスを提供しています。大手無線機器ベンダーにはYokogawaとHoneywellもあり、どちらも無線技術ISA100.11aに基づくフィールド機器を提供しています。Pepperl + Fuchsは、2015年にHARTプロトコルデバイスのプロバイダーであるMACTekを買収し、ワイヤレスフィールドデバイス市場での地位を大幅に強化しました。ワイヤレスフィールド機器を提供する他の主な産業オートメーションベンダーには、ABB、Endress + Hauser、Schneider ElectricSiemensがあります。ワイヤレスI / Oとフィールドデバイスもまた、主に産業用通信および制御市場で活躍しているさまざまな企業によって提供されています。

有線産業用ネットワーク機器の大手プロバイダはまた、アクセシビリティや配線コストのために通常制御室に接続されていないプラントの部分で、顧客がデバイスを無線で監視・制御できる無線ソリューションを提供しています。これらには、SiemensCisco、Belden、Moxa、Phoenix Contactが含まれます。すべて、ルーター、ゲートウェイ、ワイヤレスアクセスポイントなどの産業用ワイヤレスデバイスの包括的なポートフォリオを提供します。これらの企業は通常、市場投入戦略として大規模な自動化ベンダーと提携しています。Ciscoは、ロックウェル・オートメーションと共同で、産業用イーサネットアプリケーションのためのイーサネットおよびIPネットワーキングベースのアーキテクチャ、Converged Plantwide Ethernet(CPwE)を開発しました。産業用Wi-Fiデバイスのその他のプロバイダは、Acksys、Advantech、Antaira Technologies、Beijer Electronics Group、Data-Linc、Hilscher、HMS Networks、INSYS Microelectronics、MB Connect Line、MC Technologies、NetModule、Red Lion Controlsです。

セルラーや無認可のISM無線ソリューションは、通常、分散オートメーションアプリケーションのデータ収集およびバックホール通信に使用されます。産業用スペースにおけるセルラーIoTゲートウェイおよびルーターの最大のプロバイダーは、Sierra Wirelessであり、Cradlepoint、Cisco、Digi International、InHand Networks、HMS Networks、Maestro Wireless、GEの産業用通信グループGE MDS、Robustel Technologies、Advantech、MultiTech Systems、NetModule、Eurotechが続きます。独自の無線ソリューションの主要ベンダーは、GE MDS、FreeWave Technologies、およびBanner Engineeringです。

目次

  1. 第1章 産業オートメーション産業
  2. 第2章 産業オートメーションにおける無線IoTソリューション
  3. 第3章 市場予測と傾向
  4. 第4章 グローバルオートメーションベンダー
  5. 第5章 デバイスとソフトウェアベンダー

レポート情報

レポート名 Industrial Automation and Wireless IoT – 4th Edition
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年12月
金額 $1,710(本記事記事公開時点)
ページ数 180
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

19325

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

新しい5Gアーキテクチャは電気通信分野のみならず、インダストリーオートメーション分野にも拡大。産業別、地理別に市場を分析 世界のIoTに関するレポート公開中