【IoTおすすめ本】地域で活きる実践IoT – 自治体、農業、倉庫・工場の活用事例

IoTおすすめ本】地域で活きる実践IoT – 自治体、農業、倉庫・工場の活用事例 – 記事

IoTで現場を変える!生産性を高め価値を創出する実例がここに!

内容紹介

地域の企業や農家が、自ら課題に正面から取り組み、IoTで成果を上げた新鮮な事例を掲載。

■「ITを使って仕事を効率化したい」、「人手不足を補う方策としてITを活用したい」など現場の課題に対し、多額の投資を必要とせず、無理なく取り組むためのアイデアが盛り込まれた注目すべき実例集です。

■本書を読むと、大企業、ハイテク企業だけでなく、街の普通の会社や工場、地方の農家にこそIoTによる課題解決の糸口が多くあることが分かります。

■省力化、人材確保、生産性向上、経済的損失の抑止など具体的な成果が見える身近なIoTの活用事例が紹介されています。

■地域企業の経営者、実務家、ITコーディネータ、SI、自治体職員にお勧めの1冊。

目次

  1. 序論: IoTが変革する日本の経済とビジネスモデル
  2. 第1章: IT+AIで未来を先取りする農業法人の挑戦
  3. 第2章: 農業IoTで成果、さらに魅力ある郷土作りへ
  4. 第3章: ぶどうの栽培技術を共有、地域全体のブランド化へ
  5. 第4章: IoT活用で果樹園の凍霜害防止作業を軽減
  6. 第5章: 鶏舎の温度管理にIoT、昼夜の心理的負担を軽減
  7. 第6章: 「荷役」を「スマートロジスティックス」へ
  8. 第7章: IoTによる見える化でベテランの技術を継承
  9. 第8章: 製造現場の可視化を進め、稼働率と生産性を向上
  10. 第9章: ものづくり・農業・観光でIoTを地域ぐるみで実践
  11. 終章: デジタル化が開く地方創生、地域でこそIoTは新しい価値を生み出す

書籍情報

書籍名 地域で活きる実践IoT – 自治体、農業、倉庫・工場の活用事例
著者 記載なし
販売開始日 2018-12-07
金額 ¥1,512(本記事記事公開時点)
ページ数 188
出版社 リックテレコム

関連情報

情報の更新: 2019年02月20日現在

成長する5G固定無線アクセス市場 – 人口統計学別、アプリケーション別、地域別の2026年までの世界予測 世界のIoTに関するレポート公開中