SiemensのMindSphereで飲食業界とIIoTを結び付ける

SiemensのMindSphereで飲食業界とIIoTを結び付ける – 記事

飲食料品(F&B)は気まぐれな市場です。製品の範囲は頻繁に変わりますし、個々の製品は消費者の好み(そしてファッション)によって変わります。そして、個々のレシピも時間とともに変わります。

それでは、コストを最小限に抑え、衛生基準を維持し、新製品や収益源を開発できるようにしながら、製造業者や生産者が必要なスピードで対応するために、どのようにデジタルソリューションを役立てることができるのでしょうか。

産業用モノのインターネット(IIoT)は、これらの目的を達成する上で重要な役割を果たしています。ほとんどのF&B製造業者は生産ライン全体からデータを収集していますが、データを使用して意思決定や将来の計画を立てているのは、ほんの3分の1だけなのです。なぜでしょうか。

問題の一つは、秒単位で照合できるデータ量です。現代の生産施設では、あらゆるプラントに多数のセンサーが装備されているだけでなく、他のシステムもデータ処理の方程式に「プラグイン」する必要があります。サプライチェーンシステム、サプライヤデータ、既存のERPアプリケーションからの情報などのことです。

着手するべきことが多すぎて、険しい山を登っているように感じられるかもしれません。しかし、適切なテクノロジーがあれば、デジタル化は段階的に成功することができます。シーメンスのソリューションを使用すると、企業はIIoTの力を利用し生産改善の分野に集中し進歩することができます。

製造装置の新世代センサーは、機械の微妙な変化をリアルタイムで追跡することができます。運用上のわずかなミスにもフラグを立てることができます。つまり、コンポーネントの障害が出力を中断する前に、メンテナンスを予測することができるのです。

メンテナンス予測を可能にするというIIoTの機能は、テクノロジーが実際のビジネスの「成功」を推進する方法のほんの一例です。この分野の改善は多くの人にとって、より長いデジタル化の旅への第一歩となるでしょう。

他のF&Bの組織は、いつから始めようかと検討しています。消費者の需要がますます増加している今日、製造業者はより大きなサプライチェーンの可視性を必要としています。

米国の消費者を対象とした調査では、92%の人たちが、自分たちの食べ物がどこから来ているのかを知ることが「やや重要」または「非常に重要」であると答えています。

原料の生産元特定に使用されているものと同じ技術を採用して、食品安全性を高いレベルで確保することもできます。サプライチェーンをリアルタイムで把握することで、顧客の信頼を高め、同時に規格を向上させることができます。また、より効率的な生産計画を立てることができます。

食品および飲料製造におけるIIoT用のプラットフォームにとらわれないデータプラットフォームを見つけることが最初のステップです。 CAPEXを多用するITインフラストラクチャに投資する代わりに、オープンでクラウドベースのIoTオペレーティングシステムであるSiemens MindSphereプラットフォームに目を向けてみましょう。

産業利用を念頭に置いてゼロから構築されたMindSphereは、複数のデータソース(IIoTセンサー、サプライチェーンデータ、ERPシステム情報など)を収集できるだけでなく、その情報に実用的な意味づけをすることができるプラットフォームです。

MindSphereへのアクセスは簡単です。唯一の要件は、MindSphereクラウドと本番施設の間の安全なゲートウェイとして機能するMindConnectデバイスのインストールすることです。一度接続すると、すべてのIIoTセンサーと社内アプリケーションはクラウドプラットフォームに接続されます。MindSphereを使用することにより、生産品質の向上とコストの削減につなげることができます。

食品飲料業界は、常に新しい要件に迅速に適応しなければなりません。そして常に効率的に働き、最適な品質を生み出すことができなければなりません。MindSphereを使用すると、プラットフォームのビルドアップの性質によりこれらが可能になります。これは一般的な用途のためのクラウドの提供ではありません。

MindSphereとIIoTによるデジタル化により、F&B生産者は、エネルギー効率を高めながらコスト削減と最適な生産をするために必要な柔軟性を得ることができます。業界の生産プロセスの要件に合わせて特別に調整されたソリューションは、いつでも再現できる信頼性の高い生産と製品品質を保証します。

シーメンスの特殊なデジタルエンタープライズレベルのテクノロジーにより、製造会社はあらゆる規模でビジネス全体を合理化およびデジタル化し、サプライヤーをシームレスに統合することができます。製品設計からサービスまでのバリューチェーンのどの時点から始めても、現在のニーズに応じて、デジタル化を徐々に導入することができます。

元記事はこちら:https://techhq.com/2018/10/connecting-the-food-beverage-industry-with-the-iiot-the-siemens-mindsphere-way/