航空会社のスマート・バゲッジ・マネージメント テストベッド

航空会社のスマート・バゲッジ・マネージメント テストベッド – 記事

年末年始などの繁忙期に空港を利用して旅行した方の中には、飛行機は定時に発着したにも関わらず、預け入れ荷物を引き取るのに時間がかかったり、ロストバゲッジで不便な思いを強いられたりといった、不愉快な経験をした方も少なからずいることでしょう。
この問題は、航空業界でも重要課題として認識されています。荷物の遅延や未着は対応にかかる時間的/人的負担などのコスト要因だけでなく、効率悪化、顧客満足度の低下、などを始めとする航空会社に対するマイナスイメージを生じさせる大きな原因の一つです。

今日、1000個の荷物に対し、6-7が遅延・紛失しているという調査結果があり、これは航空会社に荷物当たり100ドル程度の再発送コストを生み、アメリカではロストバゲッジに対するコストが一件当たり3300ドルかかったケースもあります。
この問題を重く見たIATA(International Air Transport Association、国際航空運送協会)は、バゲッジトラッキングに関する決議753号を発行し、航空会社に対し旅行開始から終了までの手荷物の完全な追跡を保証することを義務付けました。とりわけ従来の手荷物追跡の弱点に焦点を当て、下図に赤色で示された、手荷物搬送拠点間のすべてで、適切なトラッキング技術を装備することを義務付けています。

今回は、IATA決議753号に対応した、航空会社のスマート・バゲッジ・マネージメントのテストベッドを紹介します。

スマート・バゲッジ・マネージメントのテストベッドの概要

参加メンバー企業:General Electric (GE、ゼネラルエレクトリック)、 Machine to Machine Intelligence (M2Mi、マシーン・ツー・マシーン・インテリジェンス)、 Oracle(オラクル)
サポート企業:Altoros(アルトロス)、Infosys(インフォシス)、SICK、 STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)

課題:航空券の予約発券システムは、世界中でもAmadeus(アマデウス)、Travelport(トラベルポート)、Sabre(セーバー)、Share(シェア)と限られた数のシステムしか使用されていませんが、バゲッジ・ハンドリング及びトラッキングに関しては、空港ごと航空会社ごとで実に様々なシステムが採用されています。現状最も一般的に利用されているのが、独自の第3者が提供するWebアプリで、これをBluetoothでスマホにつないで利用しています。
このテストベッドでの課題は、航空会社ごとに利用されている別々のアプリを統合し、単一のソリューションとすることで、航空業界のエコシステムにまたがる、スマート・バゲッジ・ハンドリング・システムを確立することです。

達成目標:IATA2015白書、『事業のシンプル化』に明記されている達成目標は:

  • 航空業界のエコシステム全般にまたがって、航空会社のコスト増、マイナスイメージにつながるバゲッジの遅延、破損、紛失を防ぐ
  • バゲッジの現在位置や重量の変化などを追跡・報告し、荷物の紛失や盗難を防ぐ
  • 顧客の問い合わせに対してより良いコミュニケーションを図ることで、付加価値のあるサービスを提供する
  • すべての航空会社がIATA決議753号の要求事項を順守することができるよう支援する

です。

解決策:本テストベッドの焦点は、航空会社が個別に採用しているシステムやアプリを統合し、チェックイン時やバゲッジが移動していく工程で、より利用客にとって便利なものにすることです。ソリューションには、クラウドベースの航空会社アプリとデータベースおよび解析、M2M及びIoTプラットフォームへの接続、スマート・ラゲッジからのリアルタイム・データの管理及び保全などが含まれます。
テストベッドは、搭乗客がオンライン・チェックインを行うところから、目的地で荷物を受け取るところまでを含み、その間の荷物のトラッキングを行います。
市場における実益:IATA決議753号の要求事項を満たすシステムを構築することで、搭乗客に対して、自分の荷物の“見える化”を実現します。
また、出発地から目的地までをカバーするソリューションを提供することで、荷物の遅延、紛失、破損を防ぐことが可能となり、航空会社のコスト削減にも貢献します。

飛行機を移動の手段として利用する人の数は、今後20年で倍になると予測されています。
荷物受け取りの遅延が原因での空港の通常以上の混雑、顧客満足度の低下、などを解決する効果的なバッゲジ・トラッキング・システムがもたらす経済効果は、大きなものがあります。

≪参考資料≫
https://www.iiconsortium.org/baggage-management.htm
https://www.futuretravelexperience.com/tag/baggage-tracking/
https://aci.aero/Media/a89589a3-6cdc-4a86-bc32-e10eb320495a/Z5TR-g/About%20ACI/Priorities/IT%20-%20New/Initiativies/End%20to%20end%20baggage%20tracking/IATA%20Resolution%20753.pdf

IoTシステムの導入により成長するスマートマニュファクチャリング市場。セグメンテーション、市場予測、投資分析を解説 世界のIoTに関するレポート公開中