IIT-Madrasは日本の大手製造企業との間で基本合意書を締結

IIT-Madrasは日本の大手製造企業との間で基本合意書を締結 – 記事

MoU署名イベントの後、中小企業における製造のためのAIベースのIoTソリューションである日本GAIAの高木氏による特別講演が行われた

チェンナイ:インド工科大学マドラス校(IIT-M)は、日本の大手製造企業と共同研究室を設立する予定です。水曜日に、研究開発(R&D)を含む製造のコア分野で協力するため、alfaTKGと岡部製作所との間で、基本合意書(MoU)が締結されました。

MoUは、共同研究、スポンサーシッププログラム、IIT-Mの施設の利用、従業員の交流において、alfaTKG、IIT-M、OKABEの協力の場を提供します。IIT-MのディレクターのBhaskar Ramamurthi氏は、この協力の重要性について

「IIT-Mとのこの協力の可能性は非常に高いです。日本のパートナー企業はインターンに通うこともできます。」

と述べています。

「IIT-Mは、IoTやAIをベースとして、大企業の技術革新をしのぐ勢いの新興企業を生み出しています。」

日本とアジア諸国の中小企業にペーパーレス製造のためのIoTベースのソリューションを提供するalfaTKGは、効率的な製造、機械ユーティリティ、および健康監視のために使用されるGenius AI(Genius Artificial Intelligence Assistance)を紹介する予定です。高木氏は

「2015年にIIT-Mと提携して以来、私たちの会社は大きく成長しました。これは、中小企業部門にとって非常に重要なコラボレーションであり、多くのロボットやIoTベースのソリューションも使用しています。」

と述べています。

MoU署名イベントでは、日本GAIA(中小企業における製造のためのAIベースのIoTソリューションズ)の高木氏による特別講演が開かれました。この取り組みについて、このイニシアチブを調整しているHoS Mechanical EngineeringのN Ramesh Babu氏は、

「この協力関係は、IoTとインダストリー4.0に関連する問題に取り組むのに、多くの中小企業がIITM研究室の多くの新興企業と交流するためのものです。これにより、多くの学生や教員がスマートな製造業で日本の産業と交流することが可能になります。」

と語りました。

IIT-Madrasは日本の大手製造企業との間で基本合意書を締結 世界のIoTに関するレポート公開中