ロボット工学の110のユースケース:農業、自律走行車、無人航空機(UAV)、倉庫管理、物流、軍事または個人用ロボット

ロボット工学の110のユースケース:農業、自律走行車、無人航空機(UAV)、倉庫管理、物流、軍事または個人用ロボット – 記事

110のユースケースの説明、例、市場規模、および企業、消費者、政府、軍事市場における予測
従来の産業用ロボットは、ロボット産業全体の割合に対して縮小し続けているため、深刻かつ重大な再編を続けています。Tracticaの見積もりによると、非産業用ロボットは、2017年には全世界の393億ドルのロボット市場の70%を占め、2016年の64%のシェアから成長しています。この成長の大部分は、農業、自律走行車、無人航空機(UAV)、倉庫管理、物流、軍事または個人用ロボット、およびパーソナルアシスタントロボットなどの分野における新しく拡大するユースケースによってもたらされています。ロボットの中心は、日本やヨーロッパといった従来の中心地から、シリコンバレーや中国といった新たな人工知能AI)の土壌へとシフトし続けています。

業界で見られる主な傾向は、ディープラーニング、コンピュータビジョン、自然言語処理(NLP)などのAI技術が、ロボットの自律性とUI / UX機能に革命をもたらしていることです。これは、ロボット工学における最も重要な進歩の多くを推進しており、数多くの新しい商業用・個人用ロボット工学のユースケースを可能にしています。その結果、業務用・消費者用の非産業用ロボットの数は今後5年間で2倍以上になると予想されています。ロボット工学の機会は、幅広い産業や地域に及んでおり、輸送から物流、外科手術や調理まで、繰り返し作業を含む活動において特に画期的です。自律走行車が街に出ると、この成長傾向はさらに加速します。

Tracticaレポートは、消費者ロボット、企業ロボット、産業用ロボット、ヘルスケアロボット、軍事ロボット、UAV、および自律走行車を含む例や説明とともに、ロボット工学の110のユースケースを網羅しています。カテゴリーは、15のロボットアプリケーション市場に分類されており、レポート内の市場データには、各セグメントの収益予測が含まれています。レポートの予測期間は2017年から2025年です。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 ユースケース
  3. 第3章 推奨
  4. 第4章 頭字語と略語のリスト
  5. 第5章 内容一覧
  6. 第6章 チャートと図表
  7. 第7章 研究の範囲、情報源と方法論、ノート

レポート情報

レポート名 Robotics Use Cases
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年12月
金額 $4,500(本記事記事公開時点)
ページ数
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

18993

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

【IoTレポート】5Gインフラの市場規模、2026年までに337.2億ドルに 世界のIoTに関するレポート公開中