スマートファクトリーへようこそ

スマートファクトリーへようこそ – 記事

第4次産業革命が到来し、そして製造業を変革するでしょう

インダストリー4.0は、高度な無線通信およびIIoTサービスによって可能になるオペレーション、情報および通信技術を、サイバーフィジカルシステムと統合しています。 製造会社は、スマート工場を実現するために、超低遅延、高帯域幅、および信頼性の高い通信を提供するために5Gの技術に頼っています。

ビジネス価値を証明し、5Gが実際の業界要件を確実に満たすために、スウェーデン、エストニア、および中国の3つのエリクソン工場は、新世代のスマート製造の導入を急いで進めています。実際の製造環境で5GおよびIIoTシステムを開発および実装することで、この新しい技術の波がより急速に成長し、世界を変える準備が整うことでしょう。

5G工場

スウェーデンのエリクソンHQキャンパスの中心部には、エンジニアとイノベイターがエリクソンの「5G工場」で製造の未来を形作る、発明者にとっての遊び場のような場所があります。5G用のテストベッドを製造し、正確なローカリゼーションテクノロジーなど、実際の製造環境で新しい5GおよびIIoTのイノベーションを試すのに理想的な環境です。

低消費電力タグを使用してリアルタイムの位置データをクラウドに送信します。 それらは何にでも使用することができるため、作業者が追跡したいどのような機械にも完全な可視性を与えます。 これにより真のデジタルツインを作ることができ、在庫の流通を確認し、資産の損失を減らし、最終的にエンドツーエンドの効率を向上させることができます。

[ビデオ]
古典的なスタッフはもうこの工場にはいません。IoTシステムやロボットに詳しい人が必要なのです。そして働く人のために興味をそそるような作業場も必要となります。我々は調査スタッフや開発者のためにリアルな環境で新技術をテストできる遊び場を設けています。下の階にはワークショップがあり、R&D調査スタッフは隣の部屋にいます。この部屋で何かを設計し、下に送って簡単な反復テストもできます。ここでは高い正確性で実際の現場と同じような環境でテストができます。我々の商品の質が高まるにつれ、このテスト現場の質も高まるのです。過去には軍隊のレーダーテストのためだけに使われていたものが、今では我々のテストのために使われているのです。我々は今後の世界を大きく変えるであろうインダストリー4.0の革命をすでに進めているのです。

デジタル工場

エストニアは独自の革新的な文化を持ち、エリクソンはその最大の雇用主の一人です。 技術革新の精神はエストニアのアイデンティティーの一つでもあり、これは今日のエストニアの輸出の10パーセント以上をエリクソンのスマートファクトリーが占めていることからも証明できます。

イノベーションを促進する従業員がエリクソンの生産能力を強化し、新しいスマート製造技術の導入を進める方法をここで学びましょう。 これには、すでにチームの有効性を2倍以上に高めている、最先端の拡張現実のトラブルシューティングソリューションの導入が含まれています。

[ビデオ]
スマートを推進するための大きいな壁はデータを抽出することです。これが真のインテリジェンスなのです。古典的なハードウェアの工場から、ソフトウェアを用いたIoT技術の環境に移行することです。ここエストニアでは、R&Dとも共同で、この革新的な技術をさらにグローバルなエリクソンにつなげていくことを進めています。我々の技術の一つが拡張現実です。このツールを使うと現実世界の上に何層もの情報が浮き出てきます。このツールを開発している目的の一つに効率化があります。テスト従事者は一つのテストを進める際に実際の作業と同じくらいの時間を取り扱い説明書の解読や過去の情報の取得などに費やしているのです。このツールを使うことで50パーセント以上の効率化が図れます。これによりさらに品質に焦点を当てて、テストを実施できるでしょう。

IoT工場

南京にあるエリクソンのスマートファクトリーは、1年のうちの1日(中国の旧正月)だけ、最新の無線基地局の生産を停止します。

工場では1日おきに、スクリュードライバーから倉庫システム全体に至るまでIIoTおよびNB IoTに接続し、それによって生成されたデータが利用されます。これにより、南京工場はツールの実際の使用状況を追跡し、サービスを派遣し、それに応じてメンテナンスを行うことで効率を劇的に向上させることができました。

[ビデオ]
ここは世界で初めて自動ラインが完備された製造工場になります。システムからロボットまで全てのものが繋がっています。これにより全ての機械から正確なフィードバックを得ることができ、不具合を改善し新たにデザインすることが可能になるのです。製造業は何世紀にもわたって開発され続けてきましたが、その中でも今日の技術は新しいステージへの一歩だと感じています。