【IoT用語集】iBeaconとは?

はじめに

iBeaconは、Appleによる屋内測位通信プロトコルのことで、iOS7以降で標準装備された低電力、低コストの通信プロトコル、またはその技術を指します。2013年に発表されiOS7以降、Appleの標準搭載技術となったiBeaconは、室内でも位置計測ができるBluetooth Low Energy(BLE)を用いた位置を計測する電波ビーコン技術の一つです。

ビーコン・Beaconには、のろし・かがり火の意味があり、この意味が転じて位置と情報をともなう情報伝達手段を指すようになりました。

コンピューターの世界では、ビーコンパケット・赤外線ビーコン・Webビーコン・BLEを用いた各種のBeaconサービスのように無線技術をつかって位置と情報を通信する手段を用いた技術手段を指す場合にビーコンという言葉が使われています。

無線技術のなかでもGPSのようなGNSS技術は、屋内に衛星からの電波が届かないため屋内の測位ができないという欠点がありますが、BLEを用いると低コストで屋内の測位を計測することができます。

これに個人のIDを組み合わせると低コストで個人個人の消費行動を予測するマーケティング活動・屋内型施設のガイダンス・決済手段への応用が可能であり、実例が続々登場しているところです。BLEを用いたiBeaconは現在コンピュータービーコン技術の主流となっています。

iBeaconサービス第1号として、iBeacon 発表時にニューヨーク5番街のApple Storeでは、対応端末にストアアプリをインストールしてiBeaconをオンにし、iPhoneの展示コーナーに近づくと画面にあたらしいiPhoneの紹介や下取りその他のサービスについての情報がプッシュ通知されました。

iBeaconの仕組み

① iBeaconとiBeacon端末
iBeaconは、情報発信端末であるiBeacon端末と同端末が発信する信号を受信し情報を読み取るiOS端末相互の連携により成り立つ技術です。iBeacon端末は、数千円で手軽に手に入るものです。

② 通信とアプリの連動
iBeacon端末は、BLEテクノロジーを利用してあらかじめ設定された固有のUnique User ID(UUID)情報を周囲に発信します。この情報は、同じUUIDに紐付けられたアプリとのみ通信を行います。

この通信は双方向で行われるのではなく、BLEからのブロードキャストにより、アドバタイジングパケットを発信し、アプリにある位置情報検知サービスにより受信するものです。

iBeacon端末から発信される電波は、端末からの距離が数センチないし数十メートルの範囲に届きます。iBeacon端末と同じUUIDを持つアプリを入れたiOS端末を持ってiBeaconの信号を検知する範囲に入るとアプリにより信号が伝える情報をキャッチし、アプリ内に装備されている処理が実行される仕組みです。

③ iBeaconが送信する情報
128ビットの文字列情報によって構成されるUUIDは、それぞれ16ケタの整数値から構成されるメジャー値・マイナー値のオプションを付与することができます。

④ iBeaconが測定できる位置情報
近接度:接近・近い・遠い・不明の4種類 
精度

利用環境とシュミレーターとしてのiPhone

iBeaconを利用した機能を実装するためにはiBeacon端末とiOS7以降を搭載したスマホやタブレットが必要ですが、iPhone2台の間でシュミレーションを行うことができます。

導入事例

① iBeaconサービスによるダイレクトマーケティング
位置情報をBLEの利用により、スマートフォン端末を使い店側に送り、顧客はクーポンやその他の優待を受けるといった内容です。顧客のニーズを正確に調査し、固定客を獲得する手法がiBeaconを利用して盛んにおこなわれています。

② 屋内型施設のガイド
国内では国立民族学博物館・羽田空港・東京駅にiBeaconを利用したガイドが使われています。

③ 介護施設
利用者がアクセサリー型発信機を身に着け、これとiPhoneアプリ・iBeacon端末をつなぐことにより介護施設利用者の転倒事故を防ぐソリューションの例があります。

④ 国際会議
G7軽井沢交通大臣会合での「軽井沢アプリ」による会場周辺交通・観光案内のように、国際会議で利用する例も見られるようになっています。

課題

こうして期待されているiBeaconは、導入のスピードが思ったより伸びないという課題があります。その原因としてよく挙げられるのは、アプリのダウンロードが必要なこと、また、店ごとにアプリが異なるということです。

また、iBeaconはiOS対応技術ですが、一般的にBeaconはiOSでもAndroidでも利用可能な技術ですので、GoogleのBeaconであるEddystoneはiOSとAndroidの双方に対応しています。

さらに、iBeaconがアプリに依存することから脱却しにくいのに対して、たとえばブレスレット型の安価な端末を店側が配布するような形でのBLEを利用したBeaconサービスは今後より普及が見込まれるとも言われ、今後のAppleのiBeaconの方向付けが注目されます。

まとめ

位置と情報を伝達する手段であるiBeaconは、じわじわと実例が増えており、当初予想された爆発的な伸びはないものの事例に注目が集まっています。

たとえば、売り上げを上げた・店内の回遊率を上げた、といった数字で見える効果が蓄積されることやクーポンサービスなどのサードバーティアプリとの連携、ユーザーエクスペリエンスの向上などが進めば小売・流通・外食産業・公共交通機関を変えていく潜在力があるサービスと言えます。今後の展開が楽しみです。