【IoTおすすめ本】産業用ネットワークの教科書〜IoT時代のものづくりを支えるネットワークと関連技術

【IoTおすすめ本】産業用ネットワークの教科書〜IoT時代のものづくりを支えるネットワークと関連技術 – 記事

オートメーション技術を進化させるため、工場間で稼働する多くのメーカの多くの機器・機械がより多くの接続データのやり取りを簡単、効率的、安定して通信可能なようにと発展してきたのが、「産業用ネットワーク」で、工場オートメーションの基盤技術の1つとなっている。

内容紹介

工場オートメーションの基盤技術「産業用ネットワーク」を分かりやすく解説するため、使用されている技術を「フィールドバス」、「産業用Ethernet」そして「デバイスバス」の3つに分類しています。また、各産業用ネットワークだけを説明するのでなく、アプリケーション、新技術、保全といった観点からも産業用ネットワークの姿をとらえることができるような構成となっています。IoTを含めて、あらゆるオートメーションに関心を持つ方におススメです。

目次一覧

  1. 1章: 歴史とマーケット
  2. 2章: ネットワークの種類
  3. 3章: 産業用ネットワークを使うアプリケーション
  4. 4章: 新しい技術とのかかわり
  5. 5章: 設置と管理 ─ トラブルシューティング

書籍情報

書籍名 産業用ネットワークの教科書~IoT時代のものづくりを支えるネットワークと関連技術
著者 記載なし
販売開始日 2019-02-01
金額 ¥2,700(本記事記事公開時点)
ページ数 214
出版社 産業開発機構株式会社

関連情報

情報の更新: 2019年01月28日現在

【IoTおすすめ本】産業用ネットワークの教科書〜IoT時代のものづくりを支えるネットワークと関連技術 世界のIoTに関するレポート公開中