【動画】Volkswagen GroupによるIndustry 4.0

フォルクスワーゲングループが製造する自動車はより効率的に、安全に、顧客の満足度を高めるためにIndustrial 4.0を使用しています。作業はすべてデータ化されたシステムを利用してより効率的に一つ一つの作業工程を行う事で、より早く顧客の元へ自動車を届ける事が出来ます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

新しい科学技術が世界を変えます。

フォルクスワーゲングループによって製造された自動車は、燃料効率がよく、安全で顧客満足度がとても高いものとなっています。

自動車生業、産業も変化しています。技術革新は素晴らしいもので、専門家はすでに新しい産業時代の幕開けを宣言しています。

そこでメインとなってくるのが、Industory4.0です。

今や同じ車が1000も並んでいるような工場はどこにも見当たりません。お客様に利用可能なオプション選択が非常に多いので、すべての車はユニークな製品となります。

自動車は、顧客からの注文があると、データがフォルクスワーゲングループのシステムに入り、生産を開始します。

車は何千もの個々の部品で出来ています。プレス工程ではボディのフレームを作ります。

ボディ工程では、無線周波数によって追跡する事ができるRFIDタグを与えられます。それによってどの車体がどの顧客の注文に属するのかを判断出来ます。

塗装工程でも、システムから送られてきた情報を使います。

配列補完スペースでは、組み立てのための最適な順序順に車が並べ替えられます。この時、情報はサプライヤーに送信され、どの部品がいつ、どこで必要なのかを通知してくれます。

最終組立工程では、車体が「自動車」として組み立てられ完成車の形になります。

フォルクスワーゲングループは、state-of-the-art(ステート・オブ・ザ・アート)技術を使用しています。

今はIndustry 4.0がとても有名です。革新的な生産過程が出来ると言うことですが、一体それはどういう事なのでしょうか?
フォルクスワーゲングループは何年も前から画期的なプロジェクトで未来の形づくりをしています。

例えば、Industrial 4.0を用いたすべての産業工場のデジタル化は新しい時代には欠かせないものです。すべてのシステムがバーチャル世界でリンクされていて、それはIoTと関係しています。

3Dプリンターは従来のものとは違い、素材としてスチールグラニュレーター(鋼造粒)を使用しています。デザインを正確に形にできるという部分で、全く新しいデザインの可能性を秘めたテクノロジーです。

Human-Robot Cooperation(人間とロボットの共同作業)は、従来は人間とロボットは別々に作業をしていたのに対し、近未来テクノロジーではロボットと人間が共同作業をして作業をする事が出来ます。それによってより安全に正確に作業をする事ができます。

ビッグデータモニターは、1200ものAudi(車メーカー)の供給業者のデータでを解析し、モニタリングすることが可能とされています。

近未来では、効率的で費用対効果の高い生産が可能となることは間違いないでしょう。

Volkswagen AG(フォルクスワーゲン)について

Volkswagen AGはドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカーの事です。1937年ドイツ政府により設立され、ナチスのドイツ労働戦線内につくられた組織が前身で,「国民に国民車(フォルクスワーゲン)を」という構想のもとフェルディナント・ポルシェが設計を担当、1936年に試作車が完成しました。

詳しくは、http://www.vw.comをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
2222年までは世界のIoT分析市場が33.39%のCAGRで成長。その成長を担う企業と市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中