AIとIoTの統合により成長する人工知能(AI)チップ市場:2019〜2023年の市場予測

AIIoTの統合により成長する人工知能AI)チップ市場:2019〜2023年の市場予測 – 記事

この市場について
IoTテクノロジーには、人手を介さずに受信データに基づいて意思決定を行う機能など、いくつかの利点があります。これにより、自動車、航空宇宙および防衛、医療、家電などの業界でIoTの導入が増えています。HMIテクノロジーは、ドローン、カメラ、スマートフォン、スマートTV、スマートスピーカーなどのデバイスに統合されています。これらのデバイスにAIチップを配置すると、電力効率の高いデータ処理と機械学習の計算が可能になります。また、家庭や企業での自動化の実装とスマートシティに対する需要の高まりにより、IoTデバイスに対する需要が生まれています。これにより、AI技術をIoTデバイスに統合するためのハードウェアおよびソフトウェアが開発されました。AIとIoTのこの統合は、人工知能チップ市場の成長を後押しする重要なトレンドとなるでしょう。Technavioのアナリストは、人工知能(AI)チップ市場は2023年までに約39%のCAGRを記録すると予測しています。

データセンターにおけるAIチップの導入の拡大
データセンターは、CPU上で稼働する何千ものコンピューターで構成されています。データセンターのディープニューラルネットワークは、大量のデータを処理するために膨大な量の電力を必要とします。稼働時間を改善し運用コストを削減するには、データセンターの効率を改善し、消費電力を削減する必要があります。データセンタープロバイダーは、エネルギー効率の向上、サーバーの最適化、セキュリティ、およびインフラストラクチャ管理のために、データセンターにAIテクノロジーを実装しています。これにより、データセンター向けの専用AIチップの需要が高まり、市場の成長が促進されます。

AIチップ開発のための技術的熟練労働者の不足
AI技術の研究開発費は非常に高額です。したがって、企業はAIを自社に統合する前に、経験豊富なAIの専門家から知識を求めます。しかし、AI技術に関する必要な知識を持ったAI専門家の不足が市場の成長を妨げ、AIエンジニアと熟練した労働力の不足が企業でのAIの展開を制限しています。熟練したAI専門家の数を増やすためには、トレーニングプログラムやスキル開発への投資が必要です。

競合
市場は集中しているようで、Advanced Micro DevicesやAlphabetなど企業は少ないため、競合はそれほど厳しくありません。データセンターでのAIチップの導入の増加などの要因が、人工知能チップ製造業者に大きな成長機会を提供するでしょう。Advanced Micro Devices、Alphabet、Huawei Technologies、Intel、およびNVIDIAは、このレポートの対象となる主要企業の一部です。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 レポートの範囲
  3. 第3章 市場展望
  4. 第4章 市場規模
  5. 第5章 ファイブフォース分析
  6. 第6章 製品別マーケットセグメント
  7. 第7章 顧客の展望
  8. 第8章 顧客の展望
  9. 第9章 地理的展望
  10. 第10章 意思決定フレームワーク
  11. 第11章 牽引者と課題
  12. 第12章 傾向
  13. 第13章 ベンダーの展望
  14. 第14章 ベンダー分析
  15. 第15章 付録
  16. 第16章 TECHNAVIOの調査

レポート情報

レポート名 Global Artificial Intelligence(AI)Chips Market 2019-2023
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年11月
金額 $2,500(本記事記事公開時点)
ページ数 121
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

18273

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

産業制御と工場自動化市場の2017年から2023年の間の成長率に関するレポート 世界のIoTに関するレポート公開中