製造、サプライチェーン管理におけるブロックチェーン技術の分析とユースケース

製造、サプライチェーン管理におけるブロックチェーン技術の分析とユースケース – 記事

最近のサプライチェーン管理をめぐる課題は、配送される製品の信頼性を保証するためのトレーサビリティと状態の監視を中心としたものです。データの尊厳を確保するために、企業は第三者の独立監査人にかなりの金額を費やしてきました。この演習にかかる時間はかなりのものになる可能性があり、有効期間が限られている製品に悪影響を及ぼす可能性があります。

この問題を回避するために、企業はリアルタイムのデータ収集およびブロックチェーンを使用して収集したデータの信頼性を検証するIoT技術の利用をますます増やしています。これら2つのテクノロジーを組み合わせることで、製品データの認証にかかる時間を大幅に短縮しながら、大幅な節約を実現できます。これは、IDC Perspectiveがこの文書で説明している多くのユースケースの1つです。

このレポートでは、予想される収益機会とともに、ブロックチェーンの導入に影響を与える典型的な要因と課題に関するデータも提供されています。時間が経つにつれ、ブロックチェーンはすべてのトランザクションのバックボーンとなることが予想され、独立監査人や金融機関に代わることができます。

IDC Manufacturing Insightsのリサーチマネージャー Sampath Kumar Venkataswamy氏は次のように述べています。「ブロックチェーンは、組織が”単一の真実のソース”を通じてそれぞれのバリューチェーンにわたるパフォーマンスを測定し、情報のギャップと不正確さから生じる課題を劇的に減らすことができる極めて重要なテクノロジーの1つになるでしょう」

目次

  1. 第1章 エグゼクティブスナップショット
  2. 第2章 状況の概要
  3. 第3章 ブロックチェーンの紹介
  4. 第4章 製造業におけるブロックチェーンの潜在的な用途と推進力
  5. 第5章 ブロックチェーン実装への挑戦
  6. 第6章 APEJ製造におけるブロックチェーンコンソーシアムとユースケース
  7. 第7章 APEJのブロックチェーンベンダー

レポート情報

レポート名 Blockchain and Its Applications in Asia/Pacific (Excluding Japan) Manufacturing and Supply Chains
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年5月
金額 $4,500(本記事記事公開時点)
ページ数 14
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

18219

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中